書評 | 写真 | 自転車 | 音楽 | 映画 | Web | スマートフォン | 拡張現実 | 育児 | 自分

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |

Remember The Milkがタスク管理ツールとして優れている6つの理由 このエントリーを含むはてなブックマーク

田村です。

今日はタスク管理アプリのご紹介です。

RTM_scr
Remember The Milk

iPhone、iPad向けのタスク管理アプリです。
PCだけでも利用可能ですが、特にスマートフォン端末をお持ちの方へオススメです。

有料無料含めタスク管理ツールを試しましたが、断トツで使いやすいと思います。

他のタスク管理ツールにはきっとない(あるかもしれない、、)魅力的な機能を
いくつか上げたいと思います。

1)日本語表現が親切
「今日」を起点として「明日」「日曜日」「月曜日」などと表現もされているので直感的に理解できます。

2)GoogleCalendarと完全同期
スケジュール管理とあわせてタスクが確認できます。

3)不要な機能がない
タスク管理以外の機能はなく、まさに「シンプル・イズ・ベスト」です。

4)他の端末とも完全同期
iPhone、iPad、PCで同期可能であるので、ふと思い出したタスクも大抵は最も手に近い端末からインプットできます(無料の場合は24時間に1度しか同期できません)。

5)リマインドメール
指定した間隔でリマインドメールが配信されます(有料のみ)。僕は毎朝通勤途中の電車の中で確認できるように1度配信しています。

6)タスクと場所(GPS)のひもづけ
これはどんな時に使うんだろうw

アイコンも可愛いですし、タスク管理ツールに苦労されている人は一度Free版を試されるのがいいと思います!

ではでは。
スポンサーサイト
  1. 2011/05/18(水) 09:03:37|
  2. スマホ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0|

「Angry Birds」にはまってしまう5つの理由 このエントリーを含むはてなブックマーク

田村です。

いまさらながら、iPad用のアングリーバード(Angry Birds)というゲームにはまってしまい、
「奥さんに遊ばせるベンチマークテスト」でも見事に水準点を突き抜けて、
僕と一緒にはまってしまうという高得点をたたき出しましたw

angrybirds_icon
Angry Birds

”という”と書きましたが、アングリーバードは業界では超ウルトラ有名な超ヒットゲームアプリ
でして、名前はだいぶ前から知っていたのですが、
始める機会がなく、うだうだしていたところ
iPad2という魔法の端末を手に入れ、誰もが通る、とりあえずアプリをたくさんインストールしたい状態の時にようやくインストールでき、さっそくハマったという感じですw

せっかく珍しくハマったゲーム系アプリなので、その理由をちょっと分析しました。

1)キャラクターが謎設定で、さらにキモかわいい。
「怒っている鳥をY字のパチンコで勢いをつけて飛ばし豚を潰す」という謎設定。
※あとで調べたらこんなキャラクター設定(動画)があったんですね。
キャラもキモかわいいかったりして、つっこみどころの好きをプレイヤーへ与えることで
プレイヤーへ愛着を沸かせられるかもしれませんね。

2)ルールが単純明快。言葉による説明が一切不要。
「テキストでの説明不要」であるルール設定は
世界でアプリをスケールさせるための定石かもしれません。

3)効果音が爽快
「飛ばす」「当てる」「壊す」時の音がとても爽快。
よくデジタルコンテンツの課金された時の「チャリ~ン」とか、
スロットマシンのレバーを落とした「ガチャコン」とか、
ゲームの大切なイベントでの効果音は中毒性を促進する大切な要素だと思います。

4)意外と頭脳プレイ
単純なルールの中で「考える」という行為が必要されるのが、
「継続」してしまう理由のひとつかも知れません。
「次のステージをクリアしたい!」という欲求をうまく掻き立たせられます。

5)ネットワーク環境不要
ネットワークが不要なアプリは、場所を選ばずに楽しめるメリットがあります。
このような「ひとりでも楽しめる系アプリ」は、
「クイズ系」のアプリがAppStore上位で確認できたりと、売れる要素かもしれません。
そしてWi-Fiオンリーの端末へも対応出来れば
ダウンロード数を増やすことができますよね。

ヒットするアプリにはそれなりの理由があります。
これからも、自分なりに分析したいと思いますー。

ではでは。
  1. 2011/05/16(月) 08:55:00|
  2. スマホ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0|

アップルストア銀座でプレゼンテーションをして考えた5つのこと このエントリーを含むはてなブックマーク

田村です。

しばらくナナピ風のタイトルを続けたいと思いますw

わたくし事ですが、といいつつ、いつもわたくし事のブログなんですが、
5月10日にアップルストア銀座で行われた「App Creator Night #1」にご招待いただきまして、
弊社レイ・フロンティア株式会社のiPhone向けARアプリ「ララコレ」
プレゼンテーションをさせていただきました。
お誘いしてくれた、Gnueさんありがとうございました!
そしてお話のきっかけを作ってくれた「拡張現実ライフ」akio0911さんにも感謝です!


AppCreatorNight1_2

こちらが当日のチラシ。
みなさんクオリティが高い素晴らしいアプリケーションばかりでした。
もっと精進せねば。

AppCreatorNight1_1

プレゼンテーションをしている私。
ちょっぴり緊張気味。

プレゼンテーションの出来は「可もなく不可もなく」でして、
以下の反省点が克服出来れば少しは改善されるのかな、と思いました。

1)話したいことを確実に伝える工夫
今回はライトニングトークであったため、時間が限られています。
しかも、ルールとして既にリリースしているアプリケーションをプレゼンテーションしなければならない
制約がありました。
ただ、本音として最も伝えたかったことは「新アプリケーションをリリースと内容」でしたw

そんな中で、前半は「既存アプリ」、後半は「新規アプリ」という構成で進めたのですが、
結果的に前半のプレゼンが伸びてしまい、後半がタイムアップとなってしまいました。

このような制約のプレゼンテーションは稀だとは思いますが、
どのようなケースであれ、伝えたい内容に多くの時間を確保しておくことは必要だと思いました。

ゲリラっぽく最初から「新アプリ」のプレゼンテーションもアリだったかもしれませんw

2)自分自身のプレゼンをムービーで録画する
プレゼンテーションの出来を客観的に判断するためには、
恥ずかしいですが誰かの撮影してもらい、後ほど見直すことがいいような気がします。

「ねぇねぇ、俺のプレゼンどうだった?」なんて聞くことも大切ですが、
優しい返答をいただいて、特に反省もできなく、さらには調子に乗ってしまう可能性もあるのでw、
自分の理想とするイメージからどれだけ異なっているかを分析して改善していくためには
「ムービーで録画」という手段はいいかもしれません。

3)プレゼンをカメラ撮影する場合は色々な確度から
一方向からの写真しかなかったので、もっと色々な確度から撮影すれば良かったなと。
映しだされたスライドの写真なども撮影すると、
お客さんからはどのように見えるのかも確認できますしね。

IT系のニュースで製品発表会などの記事がありますが、
次回からはそこで撮影されている写真を参考にしたいと思っています。

4)たくさんの人を誘う
正直もっとたくさんの人にお声がけしても良かったなー、と思いました。

「あの人忙しそうだから誘ってもこないよなぁ」「自分プレゼンっていまいちだしなぁ」
なんていって誘わないのはよろしくなくて、
イベントを継続するためには、集客数は大切な実績になるわけですし、
また、「お誘いしたからには頑張らないとね!」なんて、
自分自身へのポジティブなプレッシャーにもなるわけです。

5)やっぱり楽しまないと!
緊張感と発表後の安堵感を楽しめるようじゃないとね!


帰り際にecolien(エコリアン)を開発されている、Life2Bitsの片山さんと、
「位置系のアプリを集めてイベントしましょうよー」
なんてお話をさせていただき、プチ盛り上がりました。

どんどんとアプリケーションをアピールする場を自分達で作って、
今回のような出演者も楽しめるようなイベントを開催したいですね。

おっと、また30分以上エントリーにかかってしまった。
次回からもう少しボリュームを抑えますw

でわでわー。

【お知らせ】
書かせていただいていた「新アプリ」のツイッターアカウントと
Facebookのファンページです。

■Twitterアカウント:@lalacolle2
■Facebookファンページ:ララコレ2

「フォロー」や「いいね!」をしてくれると嬉しいです!
こちらもよろしくお願いしますー
  1. 2011/05/14(土) 10:54:13|
  2. スマホ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0|

スマホ このエントリーを含むはてなブックマーク

ジャンルを増やしてみました。
  1. 2011/05/13(金) 02:12:06|
  2. スマホ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。