書評 | 写真 | 自転車 | 音楽 | 映画 | Web | スマートフォン | 拡張現実 | 育児 | 自分

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |

【感想】ベンジャミン・バトンを鑑賞した このエントリーを含むはてなブックマーク



映画「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」オフィシャルサイト

デヴィッド・フィンチャー監督のベンジャミン・バトンを鑑賞。

年を重ねるごとに若返るブラッドピットと、彼と共に人生を歩むケイト・ブランシェット。
フォレストガンプのように人生を振り返る展開の中、
生と死に対して強いメッセージ性がセリフは目立たずに、情緒的な映像美が印象深かったです。

鑑賞しながら、年を重ねても共に生きていく家族や仲間や、
人生で自分に影響を与えてくれた、
今はどこにいるかもわからないすれ違った人々を思い出しました。

映画からの押し付ける強いメッセージ性が薄い半面、
鑑賞者が持つ経験によって、映画の印象が変化するかもしれませんね。

10年後に改めてこの映画を見ると、
先に見た印象とは大きく異なるような気がします。

鑑賞後、チケットの元は取れた充実感は満たしたけれども、
今までのデヴィッド・フィンチャーらしい、悲哀を表現する薄暗さが少し乏しく、
前作の雰囲気を期待して鑑賞した方は、すこし肩すかしを喰らうかも。
ただ、ラストは詳しくは書けませんが”らしさ”を感じることはできたかな。

夜の公園でケイト・ブランシェットが成人になったことをアピールする
妖艶なダンスシーンは心に残りました。
スポンサーサイト
  1. 2009/02/11(水) 19:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0|

ベンジャミン・バトン 数奇な人生 このエントリーを含むはてなブックマーク

ベンジャミン・バトン 数奇な人生

デヴィッド・フィンチャーブラッド・ピットの久々のタッグ。
生まれた時は老人で、時間が経つに従って若返る男性の物語。

来年2月公開。これは見に行こう。
  1. 2008/11/29(土) 10:30:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0|

ポニョ 半魚人(M) のぬいぐるみが恐い このエントリーを含むはてなブックマーク

(ポニョ 半魚人(M)Loppiグッズ予約 商品詳細|ローソン
みぐぞうの後ろ向き日記 様より)

ポニョM


夜中にうなされそう。

(関連記事)
「崖の上のポニョ」の感想
  1. 2008/07/24(木) 01:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0|

「崖の上のポニョ」の感想 このエントリーを含むはてなブックマーク

映画「崖の上のポニョ」公式サイト
先週末、妻と早速鑑賞しました。

(※少しネタバレありますのでご注意)
[「崖の上のポニョ」の感想]の続きを読む
  1. 2008/07/22(火) 00:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0|

ゲド戦記の感想 このエントリーを含むはてなブックマーク

ゲド戦記ゲド戦記
(2007/07/04)
不明

商品詳細を見る


各方面のゲド戦記に関する感想を読むと、
批判する内容が多く見られるけれども、
それはスタジオジブリというフィルターを通しているせいがあるのではないかと。

ディテールが甘いとか、展開としてツッコミどころが多いとか、
そういう事実があるのは確かだが、
『光と影、生と死、未来と不安』
という相反してるが対にしか存在できないものについて
はっきりと語られていて、ストレートに伝わった。

一方を失うと、一方が崩れる。
不安があるのは未来があるから、と頭ではわかっているけれども、
人はなかなか受け入れられない。

本作品は批判されがちだけれども、
私はひねくれていますので、そんな作品ほどポジティブなの目で観たくなります。

批判するより、その作品と自分の感覚がクロスしたところを見つめた方がずっと楽しいし。

追記:
ポニョ観ました。感想は別の機会に。
  1. 2008/07/21(月) 00:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0|

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 特装版 このエントリーを含むはてなブックマーク

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 特装版ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 特装版
(2008/04/25)
三石琴乃林原めぐみ

商品詳細を見る


この前、見られないと嘆いていたけれども先週末にやっとで鑑賞。
一度映画では見ていたが、やはり家でのんびり鑑賞すると、また違う。

「ミサトさんの言うことは正しいけど戦うのは僕なんだ
ミサトさんはいつもモニターの向こうで命令してるだけじゃないか」

年齢を重ねたせいか、登場人物の台詞の重みが解ってきた様な。
  1. 2008/06/25(水) 00:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4|

【映画】時をかける少女 このエントリーを含むはてなブックマーク

時をかける少女 通常版時をかける少女 通常版
(2007/04/20)
仲里依紗、石田卓也 他

商品詳細を見る


時をかける少女(公式サイト)

見れば鬱になるかも、と言われていたがそうでもなかった。
[【映画】時をかける少女]の続きを読む
  1. 2008/02/11(月) 00:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2|

【映画】パプリカ このエントリーを含むはてなブックマーク

パプリカパプリカ
(2007/05/23)
林原めぐみ、古谷徹 他

商品詳細を見る


パプリカ - オフィシャルサイト

久々に部屋で映画鑑賞。

パプリカは、時田浩作の発明した夢を共有する装置DCミニを使用するサイコセラピスト。
ある日、そのDCミニが研究所から盗まれてしまい、それを悪用して他人の夢に強制介入し、
悪夢を見せ精神を崩壊させる事件が発生するようになる。
一体、犯人の正体は…?目的は…?そしてこの終わり無き悪夢から抜け出す方法は…。

とあらすじをウィキペディアからコピペ。

原作を知らなかったので、ストーリーが先が全く読めなくて、最後まで飽きずに鑑賞できた。
、が、一本の筋があるストーリーではないので、
普通の映画?といったらおかしな表現だけど、そんな映画が好きな人は楽しめないかもしれない。

ヨーロッパではかなり高い評価を得ているようで、
確かに、デヴィッド・クローネンバーグとかデヴィッド・リンチを高く評価している感性があるお国柄では、
好かれているのはわかる気がする。

個人的にはカオスな映画は好きなので楽しかった。
ストーリーも大切だけど、言語化できない感覚を映像で伝えるっていうのも重要じゃないかな。
  1. 2008/01/31(木) 00:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0|

スウィーニー・トッド このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年1月19日公開『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』公式サイト

今月期待の映画。
ティム・バートンの作品に癖になっています。

ビックフィッシュは何度見ても何故か泣いてしまうんだよなぁ。
  1. 2008/01/03(木) 08:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。