書評 | 写真 | 自転車 | 音楽 | 映画 | Web | スマートフォン | 拡張現実 | 育児 | 自分

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |

【映画】パプリカ このエントリーを含むはてなブックマーク

パプリカパプリカ
(2007/05/23)
林原めぐみ、古谷徹 他

商品詳細を見る


パプリカ - オフィシャルサイト

久々に部屋で映画鑑賞。

パプリカは、時田浩作の発明した夢を共有する装置DCミニを使用するサイコセラピスト。
ある日、そのDCミニが研究所から盗まれてしまい、それを悪用して他人の夢に強制介入し、
悪夢を見せ精神を崩壊させる事件が発生するようになる。
一体、犯人の正体は…?目的は…?そしてこの終わり無き悪夢から抜け出す方法は…。

とあらすじをウィキペディアからコピペ。

原作を知らなかったので、ストーリーが先が全く読めなくて、最後まで飽きずに鑑賞できた。
、が、一本の筋があるストーリーではないので、
普通の映画?といったらおかしな表現だけど、そんな映画が好きな人は楽しめないかもしれない。

ヨーロッパではかなり高い評価を得ているようで、
確かに、デヴィッド・クローネンバーグとかデヴィッド・リンチを高く評価している感性があるお国柄では、
好かれているのはわかる気がする。

個人的にはカオスな映画は好きなので楽しかった。
ストーリーも大切だけど、言語化できない感覚を映像で伝えるっていうのも重要じゃないかな。
スポンサーサイト
  1. 2008/01/31(木) 00:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0|

自分の未来に明確なビジョンをもたない このエントリーを含むはてなブックマーク

ある人と話をして刺激を受けた話。

その人は最近英会話の勉強を始めたそうだ。そしてその人に
「始めたきっかけはなんですか?」
と問いかけたところ、

『とりあえず3年間で英会話をマスターする。そしてマスターした自分を楽しみにしたい』

という言葉返ってきた。
それは私の考えにはない発想だった。

「~するために勉強をはじめました」
「~になるために勉強をはじめました」

と明確なビジョンをもって学習をすることが正しいと感じていたけど、
もっとアバウトに、

「将来の変化した自分を客観的に楽しみにするために知識を得る」

という考えもいいかも、って思った。

知識を得て、化学反応を起こし、進化した未来の自分に期待する。
そして、未来の自分を楽しみにして毎日を過ごす。

極端な話、明日、何かに出会って大きく道が変わるかもしれないし、
それだったら、大きな変化自体を肯定して、
個人としては明確すぎるビジョンは持たずに、
変化そのものをに期待すること、そのものがビジョンでもいいのかもしれない。

所詮、世界は自分の認識したものにすぎない。
ネガティブに考えると、世界はネガティブにしか認識されないから、
それだったら、未来に期待して進んだほうがいいんだよな。
  1. 2008/01/30(水) 00:00:00|
  2. 自分
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0|

【書評】博士の愛した数式 このエントリーを含むはてなブックマーク

博士の愛した数式 (新潮文庫)博士の愛した数式 (新潮文庫)
(2005/11/26)
小川 洋子

商品詳細を見る


妻が独身時代に買った小説。
結婚すると書籍を共有できるのが嬉しい。

原作は映画化までされているので、一般受けしそうな極々普通の小説なんだろう、
と偏見の思いで読んだが、良い意味で期待を裏切られた。
ここ数年間で読んだ小説のなかで3本の指に入るほどの傑作。


[【書評】博士の愛した数式]の続きを読む
  1. 2008/01/29(火) 00:00:00|
  2. 書評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0|

投資で得るお金と精神的リスク このエントリーを含むはてなブックマーク

昨日のエントリー投資に関連したのもだったので、ついでに自分の投資話を。

私も一昔、株ではないのですが、FX(外国為替取引)をしていたことがあり、
その時は、一日中相場が気になり、日中の仕事に全く集中できなかったことを覚えています。
しかもFXは24時間世界中で取引が行われているので、帰宅してからも頭か離れず、
心が休む暇もありませんでした。

これじゃまずいと思い、
投資額を低くして精神を安定して続けようと思ったこともありましたけど、
そうすると今度は、利益を得た場合に、
「あぁ、もう少し投資しておけば良かった」
など、何故か利益を得ても、損した時と同じように後悔の念が沸いて、
わだかまりが残りました。

私は性格的なこともあるのか、長期間、資産を保有しようと思っても、
利益が発生したら直ぐに売却してしまうので、どっしりと構えた取引もできません。
そんなことで、自分にはネットトレードは向いていない事を悟りまして、
FXから足を洗った経緯があります。

ジェイコム男 B・N・F さんもおっしゃっていますけれど、
ネットトレードを始めると数字が一日中気になると思うのですが、
実際には、普通に生活しているサラリーマンがやっているケースが多く、
それでいて、日中も精神的に安定して仕事ができてい人が、私は不思議です。

ただでさえ、生活していればプライベートでいろいろあったりして、心が乱れることがありますし、
それに加えて、投資という元本割れのリスクを抱え、心のリスクを負うことは、
デメリットが大きいような気がします。

もし投資で利益を得たとしても、日常で常に心配していた上で得た利益なので、
心配代金を差し引きして考えると、本当に得なんだろうかと疑問に思うのです。

人はそれぞれなので、なんとも言えませんが、
私に限って言えばそんな理由があるので、投資には向いていないと思っていますし、
もしまた始めたとしても、投資の影響により他の事でヘタこきそうなので、
おそらく今後も投資はしないと思います。

投資に夢中になっている方々も、少しだけご注意下さいね。
  1. 2008/01/28(月) 00:00:00|
  2. 自分
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0|

投資や転職でリスクを負い利益提供をしていないか? このエントリーを含むはてなブックマーク

数年前に金利が低いうんぬんの理由で、投資を煽った政府やメディアに踊らされて、
当時、預貯金や一時金、さらに退職金をつぎ込んだ人々は今頃眠れない日々を送っていると思われる。

その被害者的な人達に対して投資を煽った発信者のプロフィールを確認すると、
証券会社のコンサルタントであったり、
保険屋の運用コンサルタントだったり、
つまり、投資させて利益を得る組織の人間が多い印象を受ける。

全く証券会社の名前を出していない投資関連の書籍でさえ、
よく観察すると、筆者に対して今でも組織のバックアップがあってもおかしくない
証券会社を渡り歩いた華麗な経歴を持っていることがある。

転職だって同じもので、自己啓発本の皮を被った転職本は無数に存在する。
メインは転職本ではなくとも、
「迷ったら転職するべきだ」
と、さりげなく書かれている本の出版社は人材紹介会社とつながっていて、
読者はその転職会社へ導かれ、利益を提供してしまうこともある。

全てがそのような本(情報)とは思いたくはないが、
読者が無意識に先導されてしまう広告的な書籍が、
非常に多く存在しているような気がしてならない。

一般大衆に向けられている情報(テレビ、書籍、インターネットなど)は、
発信者はどのような人間であるのか観察する必要があり、
それを怠ると、知らず知らずのうちに、得た情報に影響されてしまい、
リスクを省みずに、自分の意志で、その情報が先導したい目的へ進んでしまう。

情報に洗脳された受け手は「ハイリスク、ローリターン」、
つまり、大きなリスクを負い小さな利益を求める場所に導かれ、
それの発信者は「ローリスク、ハイリターン」で確実に利益を得ているもかもしれない。

人は周りからの影響で成長するので、影響を受ける事は否定しないが、
何も考えずに、与えられた情報を受け入れる事を避けなければ、
まんまとその情報が意図する術中にはまってしまう可能性が高いと思う。

情報は歓楽街で声を掛けられる客引きと同じくらい注意深く受け入れないといけないのか、
と思うのは少し大げさかな・・・・。
  1. 2008/01/27(日) 00:00:00|
  2. 自分
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0|

神楽坂を散策しました このエントリーを含むはてなブックマーク

会社の近くに神楽坂があるのに、ゆっくり散歩する機会がなく寂しく思っていたのですが、
ようやく時間が取れたので、散策しました。

200801神楽坂_04



[神楽坂を散策しました]の続きを読む
  1. 2008/01/26(土) 00:00:00|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0|

一休み このエントリーを含むはてなブックマーク

疲れたから早く寝ます。
  1. 2008/01/25(金) 00:00:00|
  2. 自分
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0|

【音楽】Blue Planet/CALM このエントリーを含むはてなブックマーク

Blue PlanetBlue Planet
(2007/12/07)
CALM、中納良恵 他

商品詳細を見る


CISCO RECORDS|CALM "BLUE PLANET"(CALMのインタビュー)

昨年末に買ったアルバム。
去年はあまりガツンとくるCDはなかったなぁ、なんて思っていた年末に、
私にとっての、その年最高アルバムが発売されて、救われた感じもあり。

音数が少なく、自然の音を多く使っていて、かなり癒される。
参加しているアーティストの中に、高井戸第4小学校合唱部、なんてのもいる。
9曲目のUmi-Uta(Sea Song)は昨年一番の曲ではないかと思う程。

シンプルな音でジャズの様な感じもあり、ジャンルは何?って聞かれたら、
チルアウトじゃない?って単純に答えるのももったい感じ。

CALMはやっぱり凄い。

※本来であれば音楽関連の記事はあっちのブログに書いているのですが、こちらにも書くことにしました。
ちょっと一般的な内容の記事ではないので躊躇しまいしたが、まぁ、これも私の一部ですので。
  1. 2008/01/24(木) 00:00:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2|

本来の成果主義 このエントリーを含むはてなブックマーク

成果主義が機能を為すためには、個人が希望する仕事量と会社が希望する仕事量を話し合った上で、
評価、査定を受けて、給与が決定された上で成立することが健全ではないかと思う。

世間では、成果を得られない人が辛い思いをする制度と見られがちだが、そんなことはない。
大げさな話、仕事量を減らして欲しかったら、そのことを会社に伝え、
互いの合意の上給与を減らしてもらった上で、仕事をすることだって可能ではないだろうか。
大きな報酬を得たいのであれば、大きな目標を会社に提示し、
その目標達成度により報酬を得ることができることが正しいのではないか。

何となく働いている、のではなく、これからはしっかりとした、
会社との合意の上で働いていくことが大切になっていくのだろう。
勝手に給与が下がった、とか上がったとか、
なんとなくが年功序列型の一番の弊害のような気がする。

経済が成長することが約束されていた頃の年功序列型の給与体系は、
若い頃の労働が結果的に企業へ預ける貯金となり、
年を重ねた将来の自分への給与に反映されるものだったかもしれない。
将来を約束してくれる会社(社会)との関係はなんとなく、でもよかったのだろう。

そのような前提が確実であれば、年功序列型の給与体系は、
会社も社員もストレスがなく、素晴らしいものだと思う。

しかし、現在は将来の成長は全く予想できない。
今働いた貯金が将来に跳ね返る、ということは約束されない。
そうなると、利益を上げた時に、その分給与を社員に与えることでしか、
会社と社員との信頼関係を保つことはできないかもしれない。

人口が減っていくことは、大きくなることが確実ではなくなること。
世の中には、大きくなることを前提としたルールが多く存在している。
ルールは秩序を保つものだ。
そのルールが意味をなさなくなったら・・・。

これからの社会の秩序を保つためには、
給与体系を含めた色々なルールを見直すべきではないだろうか。

※補足
私は年功序列型の給与体系を全否定しているわけではない。
例えば、組織に長く在籍している経験給とうものも必要となると思う。
組織に長く在籍していることによる、人脈や会社内の把握の蓄積は大切だ。
  1. 2008/01/23(水) 00:00:00|
  2. 自分
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0|

【書評】デザインにひそむ〈美しさ〉の法則 このエントリーを含むはてなブックマーク

デザインにひそむ〈美しさ〉の法則 [ソフトバンク新書]デザインにひそむ〈美しさ〉の法則 [ソフトバンク新書]
(2006/12/16)
木全 賢

商品詳細を見る


『自分のデザインに自信を持つためにはどうしたらよいのでしょうか。
それには、良いデザインをたくさん見る。これしかありません。』

ご祝儀の三折には黄金比が大きく影響している。
PS2の換気用のスリットは、スリットそのものの役割より、
高性能の表現するためのデザインが持つ意味のほうが強いらしい。
[【書評】デザインにひそむ〈美しさ〉の法則]の続きを読む
  1. 2008/01/22(火) 00:00:00|
  2. 書評
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0|

川崎大師に行ってきました このエントリーを含むはてなブックマーク

川崎大師(正式名称:平間寺)に行ってきました。(1/20)

川崎大師01


京急線の川崎大師駅に降りて、川崎大師に向かいます。 [川崎大師に行ってきました]の続きを読む
  1. 2008/01/21(月) 00:00:00|
  2. 写真
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0|

ギークしか知らなかったスーツ このエントリーを含むはてなブックマーク

ギーク
スーツ

できるギークしかスーツになれない体制しか知らなくて、
スーツはギークの延長上にあるものだと思っていて、
しかも、スーツには年を取ってからじゃないとなれないものだと思っていたけど、
実はそうではないことを知った。
そしてそれが少し嬉しかった。

そんなのあたりまえじゃん、って思う人もいるかもしれないけど、少なくとも私は知らなかった。
世間知らずだったってこと。

1番のギークがスーツになる会社もそれはそれでいいかもしれないけれど、
ギークをやっていて、スーツになりたいって初めて自分を知った人もいると思う。
スーツが向いているって何となく感じる時がある人もいるかもしれない。

一流のギークが周りにいると、どこかで、自分で限界を悟ってしまうことがあったりして、
いや、限界とう言葉より、
どちらかといえば一流になれないと、感じてしまう瞬間があったりする。

ギークに憧れて続けるスーツ。
一流のギークのパフォーマンスを全開にしたいって思っているスーツ。

そんなスーツでもいいよね。
遠いと思っていたけど、そのスーツに袖を通す時が思ったより早く来るかも知れない。
  1. 2008/01/20(日) 00:00:00|
  2. 自分
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2|

このブログの更新時間について このエントリーを含むはてなブックマーク

気づいている方もいるとは思いますが、このブログは毎日00:00に更新しています。
(するように心がけています。)
おそらく寝る前にアクセスしてくれると最新記事が見られると思います。

mixiとかと違ってRSSリーダーとか使わないと更新したタイミングがわからないので、更新時間を決めると、閲覧して頂ける方がアクセスして確認してもらう負担を減らす事ができるかな、なんて考えてみました。

といっても、気分によって写メールで撮影した写真をダイレクトに投稿して、適当な時間に更新される場合も気まぐれであるかもしれませんが・・・。

とにかくこれからも毎日の更新を心がけていきます。
と決意表明して自分にプレッシャーをかけてみます 笑。
  1. 2008/01/19(土) 00:00:00|
  2. 自分
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3|

京都 このエントリーを含むはてなブックマーク

20080118162657
また仕事で京都にいます
  1. 2008/01/18(金) 16:26:58|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2|

【書評】チーム・バチスタの栄光 このエントリーを含むはてなブックマーク

チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599) (宝島社文庫)チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599) (宝島社文庫)
(2007/11/10)
海堂 尊

商品詳細を見る


チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600) (宝島社文庫)チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600) (宝島社文庫)
(2007/11/10)
海堂 尊

商品詳細を見る


何年ぶりかにミステリー小説を手にした。
文庫になる前から、面白いとの評判は耳にしていたが、これ程とは良い意味での予想外。
上下巻をあっという間に読み終える。

新書ばかり読んでいた私にとって、小説の楽しさを久々に思い出す事ができた。

この小説に限った事ではないが、
"A"という表現と"a"という表現は、
意味は一緒でもやはりそれぞれの言葉を使用している理由がある。
それをできるだけ汲み取って、踏みしめるように読み進めることで、味わうことができるような気がする。

主人公は2人。
そしてもう一人の主人公は下巻より登場して、そのキャラクターの理路整然とした破天荒さが読み手を引きつける。

いや、楽しかった。
ブラボー。(ちょっとネタバレ)
  1. 2008/01/18(金) 00:00:00|
  2. 書評
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0|

このエントリーを含むはてなブックマーク

二十歳の頃には同じくらいだったのに、三十歳になったら離れていて、四十歳になったらきっとより掛け離れるんだろうって思って。
積み重ねの差は年を重ねる程、残酷なくらい顕著になって。
とりあえず今をどうにかしていこう。
悔いだけは残さないように。
  1. 2008/01/17(木) 00:00:00|
  2. 自分
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2|

押上の 長屋茶房 天真庵さんへ食事に行きました。 このエントリーを含むはてなブックマーク

長屋茶房 天真庵

先週末に押上にある 長屋茶房 天真庵 さんへ食事に行きました。

nagaya_tenshin_01



[押上の 長屋茶房 天真庵さんへ食事に行きました。]の続きを読む
  1. 2008/01/16(水) 00:00:00|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0|

身近にあるもの このエントリーを含むはてなブックマーク

なんとなく、いつも身近にあるものを撮影してみました。
[身近にあるもの]の続きを読む
  1. 2008/01/15(火) 00:00:00|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0|

【書評】巨人軍論 ――組織とは、人間とは、伝統とは このエントリーを含むはてなブックマーク

巨人軍論 ――組織とは、人間とは、伝統とは (ワンテーマ21)巨人軍論 ――組織とは、人間とは、伝統とは (ワンテーマ21)
(2006/02/10)
野村 克也

商品詳細を見る


『人が集まって集団になれば、そこに「管理」と言うものは自然発生する。人はそれぞれ個性を持ち、考え方も違う。そうした集団を統率し、1つの目標に向かって進ませいくためには、最低限の秩序やルールというものが不可欠であり、監督という立場であれば、それらを選手に植えつけることが必要である』

『人間の価値や存在感は他者が決めることである』

『人間の最大の悪は鈍感である』

『技術力には限界がある』
[【書評】巨人軍論 ――組織とは、人間とは、伝統とは]の続きを読む
  1. 2008/01/14(月) 00:00:00|
  2. 書評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0|

【書評】なぜ勉強するのか このエントリーを含むはてなブックマーク

なぜ勉強するのか? [ソフトバンク新書]なぜ勉強するのか? [ソフトバンク新書]
(2006/12/16)
鈴木 光司

商品詳細を見る


学生の頃は勉強の意味なんてわからず、
こんなの将来役に立つわけがないと心底思いながら、
意識して無関心に目の前の試験のために、教科書の内容を覚えていた。
勉強は非常につまらなかった。 [【書評】なぜ勉強するのか]の続きを読む
  1. 2008/01/13(日) 00:00:00|
  2. 書評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0|

インフルエンザ このエントリーを含むはてなブックマーク

妻がインフルエンザ。
40度以上の高熱で病院に付き添いました。

改めてインフルエンザの恐ろしさを実感・・・。
  1. 2008/01/12(土) 00:00:00|
  2. 自分
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2|

言葉の認識違い このエントリーを含むはてなブックマーク

お客さんとのやりとりの中で

「情報量を多くすることをメインとするWebページを作成して下さい。」

とお客さんから依頼を受けて

「情報量とういうことは、文字データがメインのページということでしょうか?」

と答えると、

「いや、文字情報ではなくて、多くの情報を利用した動画や写真をメインにしたいですね。」

と全く予想もしなかった答えが返ってくることがあるよう。

「情報」という言葉1つとっても、人それぞれ異なった意味を持っているので、互いに理解し合えたと思っても、そのような言葉の行き違いで、実はさっぱり理解し合えていなかった、なんてこともあるかも知れない。
場合によっては、ぎりぎりにその問題が発生して、収集がつかなくなることもある。

具体的なようで抽象的な言葉といものはたくさんあったりする。
コミュニケーションって難しい・・・。

それを回避するために、本能的に人って表情を出したり、ボディーラングエッジをしたりするのかなぁ、なんてちょっと飛躍的にも考えてしまった。
  1. 2008/01/11(金) 00:00:00|
  2. 自分
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0|

鬱で死を選ぶ悲しさ このエントリーを含むはてなブックマーク

長男転落死の西村議員が手記公表(原文のまま)(産経新聞) - Yahoo!ニュース

最後の一文。非常に胸が熱くなります。

プレッシャーやストレスの耐性は訓練で慣れてくると言われていますが、子供の頃の家庭生活で決定されること多く、慣れるということは残念ながらありえず、辛い気持ちになる人は、その自分の心を自分自身で受け入れ、悲しいけれどもその心と付き合って生きていかなければならない、ということを心療内科の先生か書かれた書籍で読んだことがあります。

今の社会は、その耐性が弱い人を受け入れてくれるかというと、残念ながらそうではありません。
この国の社会は心が病みやすい人間が過ごしやすい環境ではありません。

また歳をとれば心と体の結びつきはより強くなってくると言われています。
しかし私達の社会は年齢と比例したストレスと闘っていく必要があります。

心の病は何時突然起きるかわかりません。

自分の生命は己のものだけではなく、家族や周辺の人間のものでもあります。
自分は相手という対象があり初めて認識されるものです。
自分は他者によって生きているのですし、他者だって自分も含めた人によって支えれているのではないでしょうか。

自殺された家族を思うと辛い。
一生、自責の念に苛まれて生き続けるでしょう。

あの時何故止められなかったのか、と。

しかし理解していてもになってしまったその時は忘れてしまう。
心の風邪なのです。

その様な人が周りにいたら、また自分がなってしまったら病院に行き風邪を治してもらうべきです。
人を悲しませる事にならないようにしなければなりません。

きっと人生は良いときもあれば悪いときもあると思います。
幸せにあるべきだ、とか、楽しくなるべきだ、とか
人に強制しても、自分に強制してもいけないのでないでしょうか。

今を受けれて、その時を精一杯生きること。
風邪を防止するにはそのような考えが大事かもしれません。

どんなに辛いことがあっても死を選んではいけません。
死を選ぶことを考えている状態は風邪と同じような病気なのです。
異常ではなくただの風邪です。

社会にという病気について正しい認識が広まり、一人でも悲しむ方が減ることを切に願います。
  1. 2008/01/10(木) 00:00:00|
  2. 自分
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2|

フレームワークはつくるものではない このエントリーを含むはてなブックマーク

スキルアップのためにラップを剥がしてみる|悪態のプログラマ

昔、プログラミングができる人に

「フレームワークを作ってみたらどうですか?」

と、言ってみたことがあるのだが、その人は、

「フレームワーク、つーのは、作るものではなくて、自然にできるものだから、
それを目的に作られたフレームワークは、きっと使えないと思うよ。○○みたいに。」

なんて事を、言われたのを、この記事を読んで思い出しました。
  1. 2008/01/09(水) 12:00:00|
  2. Web
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0|

疑問を持たないで過ごすことはそんなに悪いことではないんじゃないか このエントリーを含むはてなブックマーク

これって違うよなぁ、なんて思って、
そこからわざわざ苦労して離れたり違うことをすると、
あぁ、それってうまくできていたんだ、
なんて、遠回りしないとスタート地点の大切さを実感できない時がある。

最初から、これっていうものに疑問を持たないで過ごしている人は、
世間からは悪いイメージで思われがちだけど、
実はとても凄いことなんじゃないかと思ったりすることがある。
というは今日、ふと思った。
  1. 2008/01/09(水) 00:00:00|
  2. 自分
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0|

【書評】夢をかなえる洗脳力 このエントリーを含むはてなブックマーク

夢をかなえる洗脳力夢をかなえる洗脳力
(2007/03/30)
苫米地 英人

商品詳細を見る



『世界は自分が認識したものである』


筆者は公安当局の依頼で、
オウム真理教の信者を科学的に脱洗脳を行った
エキスパート。

前半部分の街に溢れている自己啓発本に対して、
「夢」や「目標」の捉え方が誤っているとしている。

夢を到達すると、次の夢が現れ、それが永遠に続く。
夢とは一体なんなのか?
[【書評】夢をかなえる洗脳力]の続きを読む
  1. 2008/01/08(火) 00:00:00|
  2. 書評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0|

【PHP】PHPのdata関数でのShift-JIS不具合 このエントリーを含むはてなブックマーク

初めて知った。Shift-JISで化けちゃうらしい。

Webデザインのタネ | Shift-JISは嫌われる子

会社の新人君が文字化けにはまっていて質問していたこと。
後輩にも学ぶことはたくさんあります。
  1. 2008/01/07(月) 22:27:33|
  2. Web
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0|

面倒くさがり屋 このエントリーを含むはてなブックマーク

紙の上でごちゃごちゃ書いて設計して、設計がそろそろ終わりそうになり、実装する時が目の前に迫ってくると、手を動かして作る過程が面倒くさくなってしまい、プログラミングが億劫になる。
プログラミングも受験勉強と同じで波に乗ればどんどんいけるんだけど、机に座るまでが大変なんだよなぁ。
つーか、プログラマむいていないんだな、俺は。


  1. 2008/01/07(月) 22:23:59|
  2. 自分
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0|

はじめてのlastfm このエントリーを含むはてなブックマーク

kenshi0815 の ミュージックプロフィール – Users at Last.fm

mixiを退会して、そこにつぎ込んでいたエネルギーを他のところへ発散している昨今です。
そんな勢いでTwitterを再びはじめてみたり、散財したり(これは関係ない)しているんだけど、さらに気になっていたlastfmにも登録してみた。
再生履歴から自分と趣味が近い友人を自動検索してくれる機能があるようなのだが、検索された結果、ロシア人やイギリス人ばかりで、少なくともここからは音楽から広がりを発展させることは難しそう。

lastfmより再生履歴のRSSが出力されていたので、せっかくということでサイドバーに表示させてみました。
  1. 2008/01/07(月) 00:58:30|
  2. 自分
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0|

PCスピーカー(GX-77M)買った このエントリーを含むはてなブックマーク

PCより曲を流すため、外部出力以外壊れている10年以上使用しているコンポがあるんだけど、大きなコンポは小さな部屋には負担なので、奮発してPC用のパワードスピーカーを買ってしまった。


GX-77M_01

GX-77M(B)

GX-77M_02
少しいじくれる

UA-3FXからデジタル出力で音を出したところ、劇的に音質が向上。低音の伸びが全然違う!!

今まで聴いていた曲も生まれ変わりそう。
  1. 2008/01/06(日) 21:40:34|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0|
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。