書評 | 写真 | 自転車 | 音楽 | 映画 | Web | スマートフォン | 拡張現実 | 育児 | 自分

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |

【書評】「残業ゼロ」の仕事力 このエントリーを含むはてなブックマーク

「残業ゼロ」の仕事力「残業ゼロ」の仕事力
(2007/12/22)
吉越 浩一郎

商品詳細を見る


『問題を顕在化し改善する絶好の機会が、残業によって奪われてしまう』

残業の問題を建設的に改善していく方法が書かれている一冊。

残業の低減を訴える企業はあるが、本書に書かれている本質を理解していなければ、
問題は改善されないと思う。


・残業をすると仕事のデットラインが曖昧になる。

残業をすると仕事のゴールを自分で決めることが原因で、
ダラダラと業務を続ける傾向がある。
最も大切なのはデットラインを設けて、
その間、できる限りのアウトプットを出すことが効率がで必要なこと。

・残業をすると問題が顕在化しない。

問題が時間により雲隠れしてしまうことは、作業を改善するきっかけである問題提起すら実行できない。
デットラインを設けて、問題をあぶり出すことは問題解決のスタートラインに立つこと。



決まった時間でできる限りのアウトプットを出すことを業務の軸にすることは、
そう簡単にはできない。
それは現場に落ちてくる仕事の絶対量はコントロールできないこともがある理由も含まれる。
本書でも書かれているとおり、
デットラインを設けるルールを導入するためには
最終的には企業リーダーの決断が必要であると思う。

多くの時間を費やせばいい仕事もできるに決まっている。
しかし、それを作業効率を上げる手段にすると社員は悲鳴をあげ組織は破綻する。

デットラインも設ける仕事のスタイルを取り入れる、
つまり残業を低減し、それが作業を効率化する手段の一つであることを
皆で共有している組織に属したいし、そうしていきたいですね。

あきらめたら終わりですし。
(本書でも書かれています)

残業が多い組織のリーダーには是非読んで頂きたいですね。

以下抜粋。
[【書評】「残業ゼロ」の仕事力]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2009/02/12(木) 00:00:00|
  2. 書評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0|

【感想】ベンジャミン・バトンを鑑賞した このエントリーを含むはてなブックマーク



映画「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」オフィシャルサイト

デヴィッド・フィンチャー監督のベンジャミン・バトンを鑑賞。

年を重ねるごとに若返るブラッドピットと、彼と共に人生を歩むケイト・ブランシェット。
フォレストガンプのように人生を振り返る展開の中、
生と死に対して強いメッセージ性がセリフは目立たずに、情緒的な映像美が印象深かったです。

鑑賞しながら、年を重ねても共に生きていく家族や仲間や、
人生で自分に影響を与えてくれた、
今はどこにいるかもわからないすれ違った人々を思い出しました。

映画からの押し付ける強いメッセージ性が薄い半面、
鑑賞者が持つ経験によって、映画の印象が変化するかもしれませんね。

10年後に改めてこの映画を見ると、
先に見た印象とは大きく異なるような気がします。

鑑賞後、チケットの元は取れた充実感は満たしたけれども、
今までのデヴィッド・フィンチャーらしい、悲哀を表現する薄暗さが少し乏しく、
前作の雰囲気を期待して鑑賞した方は、すこし肩すかしを喰らうかも。
ただ、ラストは詳しくは書けませんが”らしさ”を感じることはできたかな。

夜の公園でケイト・ブランシェットが成人になったことをアピールする
妖艶なダンスシーンは心に残りました。
  1. 2009/02/11(水) 19:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。