書評 | 写真 | 自転車 | 音楽 | 映画 | Web | スマートフォン | 拡張現実 | 育児 | 自分

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |

【雑記】2011/9/13~9/30 このエントリーを含むはてなブックマーク

■9/13(火):
東陽町の免許センターで免許の書き換え。
交通事故にあわれた被害者の声を読むと辛い気持ちになる。
想像力の欠如は色々な問題を発生させる原因の一つであると思うので、
当時から続いているこの手法は、事故防止には効果的なんだろう。

■9/15(木):
ネットプライスさんにポッドキャストの収録へ。
必要機能以外に含まれる、小さな遊びゴコロ機能もあったりして
人はそのギャップに惹かれるところがあるので、
その辺りも人の心を捉えるアプリの条件なのかもしれない。

■9/16(金):
東京ゲームショーへ。
ARが搭載されているゲームに触れてきたが、ゲームでARでリッチさを提供するためには
ある程度の開発費用が必要であると感じた。
しっくり感じられたのが、加賀谷さんのプロダクトである、脳波の動きを捉えて
カチューシャにつけられたネコミミが自動で動くもの。
感情が可視化されることは、感情が新しい表現として拡張しているとも言い換えられるかも知れない。
人々が求めるARはこの辺りにヒントが隠させれているような気がする。

■9/20(火):
知人がエンジニアを探しているとのことで、前職からの知り合いのエンジニアを紹介する。
ご紹介後、全く異なる話で繋がりそうになりお世話になることに。
偶然のタイミングはビジネスに置いて大切なファクターであると改めた実感した。

■9/24(土):
サムライベンチャーサミットに参加。
いくつかの会社様から、弊社のプロダクトにご興味を持っていただくことができた。
イベントでの出展で大切なのは
『プロダクトだけでなく会社のビジョンや方向性をお客様へ語ること』
だと思っている。
UI、UX設計などのロジカルな部分は重要であるが、
良し悪しはエモーショナルで意思決定するところが多々あるとおもう。
そのユーザーの感情を揺さぶる一つの表現が、
ビジョンや方向性、さらにプロダクトに携わっている個のキャラクターなのだと思う。

■9/27(火):
定期的に行われているITパパ会というものに参加させていただいているのだが、
今回は幹事を実施させていただいた。
私が何故、このような会に興味を持っているのかというと、
実は育児や子供の教育などをメインで語り合いたいわけではなく
(もちろんそのような話にも興味があるのだが、、)
『自分の好きな仕事と家庭をどのように両立しているのか?』
という、どちらかといったら、仕事主体で話し合いたいということがあったりする。
『仕事と育児の両立』
はいままでは女性に対してのキーワードだったと思うのだが、
核家族が増えていることや、所得が減少していることもあり、夫婦の問題になりつつあるような気がしている、が、一方で、
『家族により生活を取り囲む条件が異なる』
ので、この問題を解決する特定の手法はないと思っている。
しかし、特定の手法はないにしろ、その問題を
『責任を負って解決しようとしている』
という意識は共通であり、その意識を持って生活をしている人たちは、とてもポジティブで大変魅力的な人が多かったりする。
今回は大変勉強になり、さらには意識も高められた。
ちなみに私は世間がいう『イクメン』にはとても違和感があるのは、そんな理由もきっとあるんだと思う。

■9/29(木):
クイズ事業の「あたまソフト」さんのポッドキャストの収録へ。
クイズ大会が個別の団体で定期的に行われていることや、クイズのコミック誌が出ていることなどを聞き、やはり一部ではアツイ業界なのだなという印象を受けた。
私が子供の頃は「アメリカ横断ウルトラクイズ」などが流行して、
毎年、番組を心待ちにしていたことを思い出した。
昨今、特定の問題をゲーム化して解決するための手法として「ゲーミフィケーション」という言葉を目にする機会が増えたが、クイズは伝統的な手法として取り入れやすいような気がする。
『楽しみながら学ぶ』ことに対しての否定的な意見はほとんど聞かなくなった今だからこそ、さらにクイズの価値が生まれるのかも知れない。
スポンサーサイト
  1. 2011/11/28(月) 11:17:35|
  2. 自分
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。