書評 | 写真 | 自転車 | 音楽 | 映画 | Web | スマートフォン | 拡張現実 | 育児 | 自分

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |

【書評】博士の愛した数式 このエントリーを含むはてなブックマーク

博士の愛した数式 (新潮文庫)博士の愛した数式 (新潮文庫)
(2005/11/26)
小川 洋子

商品詳細を見る


妻が独身時代に買った小説。
結婚すると書籍を共有できるのが嬉しい。

原作は映画化までされているので、一般受けしそうな極々普通の小説なんだろう、
と偏見の思いで読んだが、良い意味で期待を裏切られた。
ここ数年間で読んだ小説のなかで3本の指に入るほどの傑作。



登場人物は、
交通事故による脳の損傷で記憶が80分しか持続しなくなってしまった元数学者「博士」
博士の新しい家政婦である「私」
とその息子「ルート」

「博士」は人と接する事を拒絶しているのだが、子供だけは純粋なほど愛している。
そして家政婦の息子を「ルート」となずけ暖かく見守る。

無機質な数式の美しさと人の温かさが非常にうまくマッチして表現されていて、
素数、完全数、友愛数、オイラー式などの比喩表現は、その数に生命が宿っているように感じ、
そして、本当に何か大きな意味があるのではと思ってしまう。

全体的に文章が柔らかくて温かいところが最も気に入ったところ。
読み続けていると、じわじわ心にジーンと染み込んでくる。
(おかしい表現ですでごめんなさい・・・)
優しい文体は私は好きなので、たまらないものがあった。

数学の知識がなくとも読むことができることはもちろん、
難しい言葉も使われていないため読みやすく、時間がない方にも是非お勧めしたい一冊。
小川洋子さん関連の本、他にも読みたくなってしまった。
スポンサーサイト
  1. 2008/01/29(火) 00:00:00|
  2. 書評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0|
<<自分の未来に明確なビジョンをもたない | ホーム | 投資で得るお金と精神的リスク>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kenshi0815.blog108.fc2.com/tb.php/111-17acba77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。