書評 | 写真 | 自転車 | 音楽 | 映画 | Web | スマートフォン | 拡張現実 | 育児 | 自分

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |

【書評】iPodをつくった男 このエントリーを含むはてなブックマーク

iPodをつくった男 スティーブ・ジョブズの現場介入型ビジネス (アスキー新書 048) (アスキー新書)iPodをつくった男 スティーブ・ジョブズの現場介入型ビジネス (アスキー新書 048) (アスキー新書)
(2008/01/10)
大谷 和利

商品詳細を見る


『能力があってモチベーションの高い人材に適用するならば、予想外のビジネスを生み出す力に転じられる。アップル社では、無意識のうちのそうした仕組みが社内にできあがり、自己防衛的に機能していると思える』

『進歩の仕組みとは、発明よりもそれを実用化することにある』

『単純であること、これはすなわち最高の洗礼』

『(iPodは)頑丈な仕上げであればラフに扱い、傷つきやすい仕上げであれば丁寧に扱うようになるユーザー心理を考慮したものだ』

『ジョブズが目指していたのは単なる企業のしての成功ではなく、再びアップル社本来のアイデンティティーを確立することだった』

『スティーブ・ジョブズが自らのスタッフに要求するのは、ごく単純化してしまえば、「君はベストを尽くしたのか?」ということに尽きる』

アップルは、スティーブ・ジョブズと、ジョブスが中学生の時に出会った、
スティーブ・ウォズニアックが設計した「アップルⅠ」「アップルⅡ」から始まった。

本書を読むと、ジョブズはかなり気分屋で、ロックな印象を受ける。
きっとそれが多くの人達を魅了し引きつけ、
クリエイティブなモノを作り出すことに成功しているんだろう。

ジョブズは、現場に徹底的に介入し、社内のベーターテスターとして活動ようで、
商品のネーミングも殆どがジョブズが決定している。
正直、上司に現場に介入されすぎると、開発者であればストレスが溜まるとは思うが、
ジョブズのスピーチからもわかるけど、
人を惹きつける力に優れていて、
ジョブズ自身は意識していなくとも、結果的に、人を上手に使うことができて、
使われている人も、利用されている気持ちを強く感じられず、
仕事ができモチベーションを保つことができるのかも知れない。

ジョブズに関する書籍は沢山あるけれども、重厚なものが多く、
それに比べると、本書は新書であるため、
気軽にそして短時間でアップルやジョブズの経歴や思想を知ることができる。

ジョブズのような上司がもしいたら、、、私ならついていけるだろうか(笑)。
スポンサーサイト
  1. 2008/02/02(土) 00:00:00|
  2. 書評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0|
<<洗濯ばさみと快晴の空 | ホーム | ラクーア(東京ドーム)に行きました。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kenshi0815.blog108.fc2.com/tb.php/116-a072d8d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。