書評 | 写真 | 自転車 | 音楽 | 映画 | Web | スマートフォン | 拡張現実 | 育児 | 自分

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |

【書評】お金に学ぶ 東大で教えた社会人学 このエントリーを含むはてなブックマーク

お金に学ぶ 東大で教えた社会人学お金に学ぶ 東大で教えた社会人学
(2005/10/14)
草間 俊介畑村 洋太郎

商品詳細を見る



東大工学部、人気講義の単行本化第二弾。
若者向けの一冊。

人のお金に対する価値観は千差万別だが、この世の中で生きる際には、お金は必要条件の一つであることは誰もが認める解ではないか。

本書は

1.人生とお金
2.稼ぐ
3.使う
4.借りる
5.貯める、備える、もらう
6.増やす、投資する
7.お金と日本経済

の7章構成。

各章はその主題について、真っ正面な程、常識的な、社会での正しい付き合い方を説いている。
しかしながら、常識的でも、自分の欠落している基礎を埋めてくれる目から鱗な箇所も多々あり。
その中でも特に、私達の様な若年層への将来の戒め・備えは今後の大きな糧になりそうだ。

最後のページに本書の用語や金言のインデックスがあるのが便利で、再読する切っ掛けを与えてくれる。その辺は理系的。

20代男性(ここでの男性は、将来責任を背負うという意味であり、勿論、場合によっては女性も当てはまる)、特に就職したての社会人必読。
また、お金の本質について考えたことのない方も読んで損はしないと思う。
時事を含んだ生鮮食品的な章が含まれているため、早めに読んだ方がお得かも。

読了すると、「お金に学ぶ」の"に"の意味を理解でき、お金の見方が変わるに違いない。
スポンサーサイト
  1. 2007/06/16(土) 22:52:29|
  2. 書評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0|
<<厳しい上司と出会ったら | ホーム | 仕事は楽しいはずがない>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kenshi0815.blog108.fc2.com/tb.php/17-65f1f900
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。