書評 | 写真 | 自転車 | 音楽 | 映画 | Web | スマートフォン | 拡張現実 | 育児 | 自分

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |

【書評】上司は思いつきでものを言う このエントリーを含むはてなブックマーク

上司は思いつきでものを言う (集英社新書)上司は思いつきでものを言う (集英社新書)
(2004/04)
橋本 治

商品詳細を見る

主題については導入部だけで、
多くは会社内での現場と上司達の分裂の問題に触れている。

何故そのような問題が発生して、
今後どのように対応していくべきなのかを問うている箇所が主題あると
思われる。

会社は利潤を得ることが目的であるため、
組織を大きくする動機には歯止めはかけられず、
現場を大きくすることで、それを管轄する上司達を増やしていく。
そして、現場がやせ細っている今のような状況では
合わせて管轄部分も調整していく必要がある。

しかし、組織を大きくする動機に矛盾するために、
やせ細った現場を捨て、
会社はより利益を作り出す現場を探し続ける。

組織が大きくなることは、現場を管轄する上司達も増えること。
そして、現場から管轄部に異動した上司達は、
現場の経験を存分に生かして、
下からの意見を遮断し、批判することに力を入れる。

「私の方が現場の人間より優秀である」
という錯覚を覚え、本来の目的である現場の声を上に上げる役割を忘れる。

このように下から上への声の流れを遮断されることで、
現場の声を素直に聞くケースは少なくなる上に、
さらに上からの一方的な声により、
社外との窓口である現場はやせ細っていく。

また官と民の差違については、筆者は
官の場合は、現場から利益を得る必要はないために、
下から上の風は吹かないと述べていて、
逆に、既に吹いているとも述べている。

それは、国民が決定した、民の代表は政治家であり、
その政治家が決めた法律に官は従っているためである。

つまり、国民が官の長であるため、現場の声は聞く必要はなく、
さらに聞く権限もないということ。


私は上司をクライアントであると思っている。
基本、上司の指示には従う必要はあるが、誤っている可能性だってあることを考えなければならない。
その場合、もしクライアントであれば、あやまっている意見を指摘して欲しいだろう。
(無論、指摘の際にには、知識や経験は必要なのはいうまでもないが。)

さらにクライアントの意見は絶対であると考えると、
思考は停止して、
それは知識が豊富であるヒアリング側の意見を述べる場を阻害することに直結し、
最終的にはクライアントの首が絞められることになる。

私の職場は組織が小さいため、本書が指摘する問題はまだなく
風通しが良い組織であると思っているが、
おそらく今後大きくなるにつれて、そのような問題が生まれてくるのかも知れない。
(以前大きな組織にいたときには、やはり今よりは風通しは良いとは言えなかった)

組織が大きくなるには必ず通る道なのかもしれないけれども、
もしかしたら、夢話かもしれないけど、
風通しが良いままに組織が大きくなる方法があると思っている。

組織が大きくなったときに生じる問題を個々が把握しながら、
壊れないように丁寧に大きくすること。
これが理想なんだろうけれども
組織の広がりのスピードはきっと誰にも分からないので、
コントロールは並大抵なことではないことは簡単に予想できる。

どのタイミングで会社と現場の断裂は起こるのだろうか?
起こっていることに気がついたときには、改善は手遅れになるのだろうか?

閑話休題。

最後に思いつきでものを言う上司への対処法も面白く書かれているが、
その根拠を考えると非常に納得できる内容。

今の日本で起こっている組織内で発生する上下関係の問題を
歴史的観点からもフランクな文章で解剖してる読みやすい本。
推薦できる一冊だと思います。

以下抜粋



・「思いつきを形にする」という努力。形にしないと非難される。形にするとアイディア豊富な人。
・このアイディアは形になるのか、の見極めが大事。
・「よく考えてみな」は「おまえはバカか」と同義語。
・「よく考えろ」は答えは相手が握っている。「ちょっと」はそれを考える自分の立場。
・「上司=命令する者」は単なる誤解。
・日本の会社では現場と会社の間に分裂が生じている。
・「仕事」とは他人の需要に答えること。なので「仕事」はうんざりするもの。
・創業時は会社は現場の声を聞いて会社のありかたを安定させるので、会社と現場との分裂はない。
・会社は現場おの関係によって、たやすくその形を変えなければなりません。
・総務とは「会社における専業主婦」
・会社は「会社であること」を自己目的化した組織になってゆく。
・会社は「利潤を得ること」を目的とするもので、それゆえに、たやすく大きくなる。
・「大きくなる」プロセスの中に、会社の抱える問題は宿っていて。その問題があらわにならないように、好景気の大波が期待される。
・現場はやせても会社はやせない矛盾
・会社がやせたときに選択する道は三つ
「やせた現場を豊かにする努力をする。」
「やせた現場を捨てて、改めて新しく豊かな現場を求める」
「やせ細った現場に合わせて。そこに存在する自分達の会社のありかたを変える。」
・現場がやせた時、会社というものは、必ず「新しい現場」を求める。「求める」のが先でそういうものがあるかは別。
・「産業」という現場はやせた。しかし現場から利潤をあげる経済はやせていない。
・余った金は経済のための現場をつくりだす。
・二十世紀まで、「現場」は必要によって生まれ、作られた。二十一世紀の「現場」は観念によって作られる。
・供給は必要で、でもそれをする会社がひたすら大きくなることはそう必要でもない。
・大きくなった日本の会社は、どんどん官僚組織に似てしまった
・「よく考える」は、「相手の立場を考える」
・「ちょっと考える」は「自分立場を考える」
・上司の思いつきに対して「あきれた」を意味する声を出せないあなたは、上司の言うことの中にある「論理矛盾」や「現実離れ」を発見する能力がないのかもしれません
・「オレはつまらない思いつきを言ってしまった」を相手に認めさせる。相手がそれを認めるまで耳をかさない。
・「愚かな上司と正しい部下」の組合せはあり、「愚かな上司と愚かな部下」の組合せもあって、「正しい上司と愚かな部下」というペアはない。
・企画書というのは「ある程度ならしっていてわかるかも知れないけれど、実はなにも知らない可能性さえある上司に、分からせるもの」
・書き手は、常に読み手に分かる文章を書かなければならない
・書き手は、常に「読み手は書き手より頭が悪い」と思わなければならない
・「バカにせず、バカかもしれない可能性を考える」は「人を思いやる」です
・「上司は偉くて部下は偉くない」という考え方は、上司だけではなく部下の側も考えている
・「上司が上司であるがゆえにえらい」などという考え方を、当時、普通の会社ではしない
・人間が息詰まって壁にぶつかったときには、二つのことをします
「自分を行きづまらせた情況を探す」
「行きづまってしまった自分に問題はないか」
・日本で王朝の交代が起こらなかったのは、重役に社長を追い出すだけの自信がなかったから。
・「秩序を作る」ということ自体が、既に「能力を活かす」ことからはずれている
・「平等」は「人として生まれ出たそのスタートラインにおける平等」
・「生まれがいい以上、その後もよくなければならない」という考え方は、「生まれが悪いから、その後も悪くてもいい」という考え方を必須にする
・「均一」と「平等」をごっちゃにして「人の能力も平等だ」と言うのは。とんでもない誤解。それは人の努力を黙殺するもの
・能力主義というのは、曖昧でもある人の主観を前提にするもの
・「上司をバカにせず、バカかもしれない、とう可能性を考慮する」
・上司には部下のまともなアイデアを拒絶する権限はない。その変わりに部下のまともなアイデアを上に上げる権限がある
・「過去から現在を見る」と「現在から過去を見る」の二つが一緒になって、「未来を見る」
・「能力」とは形を発見して動かすもの
・日本の「技術力」と言われる者ものは、「現場の声」を反映した結果高められた。
・「やせた現場」をコツコツ歩き回って、「どうすればこの現場を少し豊かにできるか」を考えることが日本のやること」
・日本人に欠けているのは現場への感覚
・「あきれることができる」は能力なので、それが出来るようになるまで、自分を養うしかない
スポンサーサイト
  1. 2008/05/04(日) 00:00:00|
  2. 書評
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0|
<<PHOTO DIARY | ホーム | PHOTO DIARY>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kenshi0815.blog108.fc2.com/tb.php/184-80ea9365
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

?? ???Ĥ?Τ

ΰ ? ??????Ĥ?Τ[? 2004/04/21] ?? ?? ? &dagger; &uarr;? &dagger; ? ?BOOKNAVI http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_c...
  1. 2008/07/07(月) 13:23:12 |
  2. PukiWiki digital-momonga (PukiWiki/TrackBack 0.3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。