書評 | 写真 | 自転車 | 音楽 | 映画 | Web | スマートフォン | 拡張現実 | 育児 | 自分

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |

【書評】受託開発の極意 このエントリーを含むはてなブックマーク

受託開発の極意 ~変化はあなたから始まる。現場から学ぶ実践手法 [WEB+DB PRESS plusシリーズ] (WEB+DB PRESSプラスシリーズ)受託開発の極意 ~変化はあなたから始まる。現場から学ぶ実践手法 [WEB+DB PRESS plusシリーズ] (WEB+DB PRESSプラスシリーズ)
(2008/04/08)
岡島 幸男

商品詳細を見る


「顧客満足」 = 「結果の評価」 + 「過程の評価」
「結果の評価」 = 「品質」 + 「コスト」 + 「納期」
「過程の評価」 = 「人としての信頼感」 + 「組織としての安心感」 + 「共に頑張っている感」


クライアントとの接し方、受託開発の手ほどき、うまくいくスケジュール、などの
実践手法内に、組織を変えていく方法(自分を変えていく方法)を織り交ぜて説明している
ところが、他のノウハウ本と異なるところか。

「受託開発はクリエイティブではない」
などの言われがちですけど、(※)

※一時期話題になった、江島健太郎氏のニッポンIT業界絶望論のように

そもそもクリエイティブって何だ、という話になると思います。
少なくとも私の定義内では
受託開発は十分クリエイティブではないかと。

クライアントと共に問題を共有して、
Win-Winの関係を目指して共に闘っていく。
それを解決するために、現場の技術者と共に良い作品を作り上げる。

確かに開発という主眼だけで見ると、自社開発と違い、
制約された条件の下で作りあげていく必要があるせいで、
能力が発揮できないことがあるかもしれません。

しかし、制約はどのレベルにいっても取り払うことはできません。
その上、人は制約からヒントを見いだして、成長していくケースが多いような気もします。

製品は人と人とのコミュニケーションから生まれたものを技術で具現化するものだと思います。
つまり、技術偏向では良いものは生まれず、逆もしかりです。

本書はコミュニケーションから問題を生み出す方法、
そしてそれを技術に落とし込むところ、などが、
人と組織の変化を交えて書かれています。

タイトルは「受託開発の極意」と書かれていますが、組織論は汎用的な内容かと。

非常に読みやすいので早い人は1日で読み終えることができると思います。
組織で仕事をする技術者に読んでもらいたい一冊です。
スポンサーサイト
  1. 2008/05/08(木) 00:00:00|
  2. 書評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0|
<<サイクリング日記 2008年05月06日 荒川サイクリングロード | ホーム | PHOTO DIARY>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kenshi0815.blog108.fc2.com/tb.php/188-fbcdb0f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。