書評 | 写真 | 自転車 | 音楽 | 映画 | Web | スマートフォン | 拡張現実 | 育児 | 自分

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |

【書評】iPhone 衝撃のビジネスモデル このエントリーを含むはてなブックマーク

iPhone 衝撃のビジネスモデル (光文社新書)iPhone 衝撃のビジネスモデル (光文社新書)
(2007/05/17)
岡嶋 裕史

商品詳細を見る



『ユビキタス社会はインターフェースの際限のない拡散を助長する』
『情報や知識の対価をゼロにしてはいけない。』

iPhoneのビジネスモデルが纏められている。

現在、提唱されているユビキタス社会は、
各電化製品同士をネットワークで繋げ、
場所を問わず、利用可能な状態とするのが中核の発想だ。

しかし、問題点として新しい機器が出されるにつれ
新しいインターフェースを次々に覚える必要がある、
ジレンマが存在する。

マスコミでは、
iPhoneのビジュアル部分だけ取り上げらえているが、、
その本質は、拡張性の高いインターフェースを利用して、
操作を集約すること。

わかりやすく言えば、
全ての家電製品を一つの端末で制御することらしい。

確かに、家電製品が持つ情報が大きくなると、
ユーザーの負担は大きくなることは予想できる。
そんな世の中は便利であるわけないし、
私も年齢を重ねたら覚えられる自身は全くない。

筆者は「情報の価値」という視点で、
現状情報の対価を得ることができないWeb2.0問題点を挙げている。
その問題を、
寡占市場である携帯市場を拡張性があるiPhoneを利用して、
それが改善ができるのではないかという筆者の希望が書かれてあり、
共感できる部分があった。

アップルはマウスを利用したGUIインターフェース取り入れた
マッキントッシュなど少し視点を変えたところに価値を創発する企業だ。

iPhoneは日本で利用できる環境になるかはわからないが、
iPodで変えた音楽市場と同じく、
開発者としてもユーザーとしても、
今の殻を破り、より大きな可能性を持った携帯市場を作り出して欲しい。

巷を賑わせているiPhoneのビジネスモデルを
携帯電話ビジネスやユビキタス社会の問題点と照らし合わせて、
解りやすく纏められている一冊。

iPhoneはもちろん、それを取り巻く日本の携帯市場の現状や、メリット、
日本企業の問題点など、幅広い視点でも論考されているわりには、
理解しやすく収まっているので、
興味のある方は是非手にとって欲しいです。
スポンサーサイト
  1. 2007/07/22(日) 19:45:27|
  2. 書評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0|
<<【PHP】php.netのchmヘルプおかしくない? | ホーム | オープンソースカンファレンス2007 .DB(OSC2007.DB)のまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kenshi0815.blog108.fc2.com/tb.php/22-1fa10a9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。