書評 | 写真 | 自転車 | 音楽 | 映画 | Web | スマートフォン | 拡張現実 | 育児 | 自分

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |

ゲド戦記の感想 このエントリーを含むはてなブックマーク

ゲド戦記ゲド戦記
(2007/07/04)
不明

商品詳細を見る


各方面のゲド戦記に関する感想を読むと、
批判する内容が多く見られるけれども、
それはスタジオジブリというフィルターを通しているせいがあるのではないかと。

ディテールが甘いとか、展開としてツッコミどころが多いとか、
そういう事実があるのは確かだが、
『光と影、生と死、未来と不安』
という相反してるが対にしか存在できないものについて
はっきりと語られていて、ストレートに伝わった。

一方を失うと、一方が崩れる。
不安があるのは未来があるから、と頭ではわかっているけれども、
人はなかなか受け入れられない。

本作品は批判されがちだけれども、
私はひねくれていますので、そんな作品ほどポジティブなの目で観たくなります。

批判するより、その作品と自分の感覚がクロスしたところを見つめた方がずっと楽しいし。

追記:
ポニョ観ました。感想は別の機会に。
スポンサーサイト
  1. 2008/07/21(月) 00:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0|
<<「崖の上のポニョ」の感想 | ホーム | 私と放電/椎名林檎>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kenshi0815.blog108.fc2.com/tb.php/261-299d3913
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。