書評 | 写真 | 自転車 | 音楽 | 映画 | Web | スマートフォン | 拡張現実 | 育児 | 自分

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |

【書評】レバレッジ人脈術 このエントリーを含むはてなブックマーク

レバレッジ人脈術レバレッジ人脈術
(2007/12/14)
本田 直之

商品詳細を見る


『仲間を見つけ、つながりを持ち、ともに高めあうこと』

本のタイトルを見ると、購入するのが恥ずかしくなるが、
「人脈」について知りたく購入した。
恥ずかしい理由としては、「人脈」は頭のどこかでは大切だとわかっているけれども、
どこかに「人脈」という言葉に抵抗感を持っているからかもしれない。

本書では「コントリビューション(貢献)」というキーワードが頻出する。

相手に対して貢献をして共に知識を高められる関係が「人脈」である
ということが、一貫して書かれている。



10対90で聞き役にまわる


自分が話す内容が相手に求められているかは、
相手の求めることを知った上でないと、うっとしい会話になる可能性が高い。
まずは世間話で相手を知り、その上で徐々に深い会話に入っていく。
その際に聞き役に回ることが大切なのかもしれません。

今度、近いうちに、は永遠にこない


私の経験的にも永遠に来ません。

カテゴリーを絞る

専門分野や趣味が近い人同士はマインドも近く、
長く付き合える関係になりやすいと書かれています。

ところ構わず、知り合いを増やしていくことだけでは
互いに有効的な時間を過ごすことは難しいかもしれませんね。

とりわけ気をつけたいのが、コントリビューションどころか、回を営業の場と考える人や、
セールスやお願いばかりする人です。本人は「チャンス」と捉えているのかもしれませんが
じつはチャンスでも何でもありません


交流会は同じマインドを持った人達が互いに知識高める場であり
営業は以降にについてくるものだと思います。



「人脈」= 「互いの知識を高め、貢献し合うこと」
私のように「人脈」という言葉に嫌悪感を持っている方にお勧めしたい一冊です。

以下抜粋。

・誰を知っているかではなく、誰に知られているか
・仲間を見つけ、つながりを持ち、ともに高めあること
・コントリビューション(貢献)
・相手に対してどんなコントリビューションができるか
・自分だけ利益を得たい人は人脈を築くのは難しい
・自分の大事な人を紹介できるか
・相手の時間価値、情報価値、人脈価値を理解する
・会いたい人にはほぼ9割がた合える
・今度、近いうちに、は永遠にこない
・断られても気にする必要はない
・事前によくリサーチした人と、コントリビューションするのも携えて会った方が有意義
・(情報は)相手のことをよく考え、なるべくわかりやすい形にして渡すのが基本
・情報収集の基本
自分自身が常に情報収集を怠らないこと
自分の得意分野から提供すること
提供する相手は慎重に選ぶこと
・自分得意分野や仕事上の専門分野、または趣味などから情報を提供した方が、情報に説得力がでる
・ビジネス以外の分野でも共通の話題を持つ
・10対90で聞き役にまわる
・求められない限りこちらからは話さない
・敬語禁止で距離が縮まる
・人に教えることが出来るものを持つ
・大事な人は、自分がよく行く店にしか連れて行かない
(料理やサービスをチェックしておく)
・ネットワークのステップ
1)1対1で会う
2)1対多で会う
3)多対多で会う
・思わず紹介を頼みたくなる人
1)紹介を頼まない人
2)コントリビューション・ベースの関係である人
3)相性が合う人
4)やりたいことが明確になっているひと
5)マインドの温度差がないひと
・人に会うことは自分の時間をそこに投資しているということ
・できるだけ早い段階でコミュニケーションをとること
・カテゴリーを絞る
・人脈作りの6つのタブー
1)名前も言わずにお願いする
2)相手の都合を考えないでアプローチやコンタクトをとる
3)自分の話しかしない
4)意味のない紹介をする
5)お願いばかりする
6)メンターになることを依頼する
・コントリビューションのレベル
L1)情報
L2)プレゼント
L3)ノウハウ、アドバイス
L4)コネクト
・会いたい人思われる人
・常にインプットする人
・魅力的なプロフィールをもっている
・情報発信をしている
・とりわけ気をつけたいのが、コントリビューションどころか、回を営業の場と考える人や、
セールスやお願いばかりする人です。本人は「チャンス」と捉えているのかもしれませんが
じつはチャンスでも何でもありません
スポンサーサイト
  1. 2008/07/24(木) 00:00:00|
  2. 書評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2|
<<ポニョ 半魚人(M) のぬいぐるみが恐い | ホーム | PHOTO DIARY>>

コメント

ぼくも

ぼくもこの人の仕事術読んで結構変わりました。

今度近いうちには永遠に来ないのは僕も同感です。
だから、友達や知り合った人にお誘いをうけたら、僕は「今から行こう」って言います。

殆ど断られるけど、そこで大体わかるんすよね。
  1. 2008/07/24(木) 09:07:08 |
  2. URL |
  3. tashiro #-
  4. [ 編集]

tashiro君>
今度近いうちに飲みにいくのはやめようか、といってみる。
私も今度のみに行こうよ、とよく誘われる人に、じゃあこの日でって言ったとたん、えぇ、みたいな時あります。
その時は、やっぱりそんなもんだな、って感じます。
  1. 2008/07/24(木) 23:48:00 |
  2. URL |
  3. kenshi0815 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kenshi0815.blog108.fc2.com/tb.php/262-39c83696
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。