書評 | 写真 | 自転車 | 音楽 | 映画 | Web | スマートフォン | 拡張現実 | 育児 | 自分

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |

ベンチャーへ転職した理由(2) このエントリーを含むはてなブックマーク

不安であるという理由で、転職したわけですが、
であれば、その不安を解消するものは何であるか、ということです。

大半が自分に力につける得ることを求めている人が多いでしょう。

私は技術職であるため、無論技術という力を得ることが目標であるのですが、
技術を高めること、そのものを目標にしてはいけないと思っています。

技術を高めることは大切ですが、高めた上に何かあるのか、
そこが最も重要な所だと感じます。

技術を高めて、仕事の効率をあげ日常生活にゆとりを持たせること。
技術を高めて、質の高い仕事して社会貢献、また金銭的にも高い給与を得て、
ゆとりある生活をすること。

技術を高めた上に存在するそれらは、
それは結局のところ、欲求を解消するものでしかありません。

欲というものは、きりがない。
自分が憧れていた場所に到達すると、そこは楽園でもない。
そこから見えるのは、さらに先に見える、より大きな楽園であることが多い。

欲望は、自分でどこかで止めなければ永遠に満足は得られません。
といっても止めると満足は消失してしまう。
満足ということすら一瞬の幻想なのかもしれません。


欲を目標として仕事を行っている人も多々いると思いますが、
それはゴールのない目標、
「永遠に続く満足」という幻想を追いかけているのかもしれません。

では、何を目標にすればいいのか。
私は、今この瞬間を納得できていると感じ続けることを目指しています。
それは欲求を満たす満足とは異なる満足かもしれません。

人は否定肯定それぞれ全て欲により行動が定義されます。

その欲をうまくコントロールして、自分の選んだ道を納得させること、
そしてそれを選んだ今に納得した毎日を過ごすこと、
それが不安に打ち勝つ大きな力のような気がするのです。

追いかけることだけを目標とすることは、私は好きではありません。
スポンサーサイト
  1. 2007/11/02(金) 20:04:31|
  2. 自分
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0|
<<【書評】思考の整理学 | ホーム | ベンチャーへ転職した理由(1)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kenshi0815.blog108.fc2.com/tb.php/30-022d80c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。