書評 | 写真 | 自転車 | 音楽 | 映画 | Web | スマートフォン | 拡張現実 | 育児 | 自分

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |

2008/09 の STUDIO VOICE (スタジオ・ボイス) は細野晴臣特集 このエントリーを含むはてなブックマーク

STUDIO VOICE (スタジオ・ボイス) 2008年 09月号 [雑誌]STUDIO VOICE (スタジオ・ボイス) 2008年 09月号 [雑誌]
(2008/08/06)
不明

商品詳細を見る


細野さんでお腹いっぱいになれます。

ロングインタビューで
「ミュージシャンたちが安心できる場を提供していきたい」
っていう言葉が好きだなぁ。

教授や高橋幸弘氏の細野さんについてのインタビューも、
最初の出会いなんかも書かれていて面白い。

ちなみに、高橋氏が最初にあったのは軽井沢のダンスパーティー、
教授は大滝詠一氏とのセッションのときらしいです。

横尾忠則氏とのインタビューで、
横尾氏と細野さんの両者が、
「新しいものは人間に必要不可欠なものではない。音楽だって一緒」
と、音楽を含んだ芸術が後退しているのを懸念していたのが印象的。

しかし、昔の細野さん写真、かっこいいなぁ。
スポンサーサイト
  1. 2008/08/26(火) 00:00:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0|
<<【書評】なぜあの人は仕事が速いのか―すぐ行動したくなる56の具体例 | ホーム | 【書評】案本 「ユニーク」な「アイディア」の「提案」のための「脳内経験」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kenshi0815.blog108.fc2.com/tb.php/302-1567f42c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。