書評 | 写真 | 自転車 | 音楽 | 映画 | Web | スマートフォン | 拡張現実 | 育児 | 自分

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |

【書評】生物と無生物のあいだ このエントリーを含むはてなブックマーク

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)
(2007/05/18)
福岡 伸一

商品詳細を見る


『秩序は守られるために絶え間なく壊さなければならない』

ベストセラー新書。
初版で買ったのに今頃読み終えた。

生命は無秩序に抗うために、
その直前で、新たに再構築を行う。
耐久性と強化を行うことではなく、
その仕組み自体を流れに置いている。

生命について機械的に書かれているのではなく、
また研究者としても思いや辛さなど、
情景から表現し、
その中で、専門的な説明が淡々と入る。
まるで小説を読むようだった。

日常生活も、
生命のように、平衡状態で成り立っていて、
部分に問題が発生すると、
全体に影響が生じるが、
全体はその部分に対して直ぐさま補完を行い、
暫くすると何もなかったように
復元されたような状態となり、
いつもの日常が再び現れる。

それは大きな変化をしていないように見えても、
一時的に問題を吸収したに過ぎず、
そこでは間違いなく、
何かが形成され、何かが損なわれてのだ。

生きることは一方通行であり、
元には戻れないことでもある。

改めて儚いものだと感じた。
スポンサーサイト
  1. 2007/11/04(日) 12:20:33|
  2. 書評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0|
<<【食】最強の馬刺 押上 まるい | ホーム | 【書評】2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kenshi0815.blog108.fc2.com/tb.php/34-0fda687e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。