書評 | 写真 | 自転車 | 音楽 | 映画 | Web | スマートフォン | 拡張現実 | 育児 | 自分

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |

【書評】いい男の条件 このエントリーを含むはてなブックマーク

いい男の条件―肩書きでも、年収でも、外見でもない…いい男の条件―肩書きでも、年収でも、外見でもない…
(2003/09)
ますい 志保

商品詳細を見る


『働くということは、働かせていただく場所があるというありがたいこと』

ブックオフで100円購入。
ちょっとタイトルに恥ずかしさを感じたために、内容は期待していなかったが、銀座のママが財界人と接した経験からの共通点などがまとめられていた。

仕事では体力が必要だが、そこには精神的な体力も含まれていて、本書から後者の体力が人間的な魅力も持っている共通点なのだろうと感じた。

話はずれるが、精神的な体力は幼少の時からの経験から蓄積されていくような気がするし、大抵の人が通る受験勉強などもそれに当たると思う。
社会に出るまでに準備すべきことは、知識や体力だけでなく、精神的な筋力が重要なのかもしれない。

以下抜粋。



・逆境の時に称えられる男
・「さりげなく生きている」ように見せる人
・笑顔
・強風にあたった者だけが、強風に対しての対処が分ける
・ゆとりを持って仕事を進められる男が、圧倒的な信頼に得られる
・人生そのものを仕事や家族にかけれる
・生きているのではなく生かされている
・厳しい局面にたたされるときほど、仕事で結果を残す
・働くということは、働かせていただく場所があるというありがたいこと
・相手の仕事と自分の仕事を同じ土俵においてはいけない
・悪いお金と悪い仲間はセット
・相手との距離を上手に保つことで、より一層魅力的に見える
・さんざん遊んでから結婚した男性は、家庭に入ったら浮気はしないんです。
・自分の価値を高めることでお金もついてくる
・お金はすべてではないことを知っている人は稼げる
・いい男には潔さがある
・疎まれながらも。それでもなお、そばにいてくれる人になることが大切
・ダメな男は終着点しか見えていない
・できない男こそ群れたがる
・拾っていいチャンスと、拾ってはいけないチャンスがある
・おいしい話と、おいしすぎる罠は紙一重
・自分の身を任せられない人に、他人を信じることはできない
・「苦労した」ではなく「苦労かけた」と言える人
・潰れてしまう男の条件で、ムキになってしまうことがある。妥協することが上手。(ぎりぎりの読みが難しい)
・自分の信念を貫く姿勢が共感を呼ぶ
・他人が付けたがる通信簿に振り回されない
・自分にのしかかる大変なストレスから逃げないでほしい
・周りの目を気にせず生きている強さ
・失敗をあきらめずに経験にかえる
・何か一つでも。自分はこれを一生懸命やりました、という気持ちがあれば、それが自信につながり、男らしくなる
・いい男は誰が見てもいい男
・誰だって1人より2人のほうが楽しい

スポンサーサイト
  1. 2008/11/29(土) 00:00:00|
  2. 書評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0|
<<ベンジャミン・バトン 数奇な人生 | ホーム | キャンドルナイトツアー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kenshi0815.blog108.fc2.com/tb.php/356-05e00864
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。