書評 | 写真 | 自転車 | 音楽 | 映画 | Web | スマートフォン | 拡張現実 | 育児 | 自分

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |

【書評】「残業ゼロ」の仕事力 このエントリーを含むはてなブックマーク

「残業ゼロ」の仕事力「残業ゼロ」の仕事力
(2007/12/22)
吉越 浩一郎

商品詳細を見る


『問題を顕在化し改善する絶好の機会が、残業によって奪われてしまう』

残業の問題を建設的に改善していく方法が書かれている一冊。

残業の低減を訴える企業はあるが、本書に書かれている本質を理解していなければ、
問題は改善されないと思う。


・残業をすると仕事のデットラインが曖昧になる。

残業をすると仕事のゴールを自分で決めることが原因で、
ダラダラと業務を続ける傾向がある。
最も大切なのはデットラインを設けて、
その間、できる限りのアウトプットを出すことが効率がで必要なこと。

・残業をすると問題が顕在化しない。

問題が時間により雲隠れしてしまうことは、作業を改善するきっかけである問題提起すら実行できない。
デットラインを設けて、問題をあぶり出すことは問題解決のスタートラインに立つこと。



決まった時間でできる限りのアウトプットを出すことを業務の軸にすることは、
そう簡単にはできない。
それは現場に落ちてくる仕事の絶対量はコントロールできないこともがある理由も含まれる。
本書でも書かれているとおり、
デットラインを設けるルールを導入するためには
最終的には企業リーダーの決断が必要であると思う。

多くの時間を費やせばいい仕事もできるに決まっている。
しかし、それを作業効率を上げる手段にすると社員は悲鳴をあげ組織は破綻する。

デットラインも設ける仕事のスタイルを取り入れる、
つまり残業を低減し、それが作業を効率化する手段の一つであることを
皆で共有している組織に属したいし、そうしていきたいですね。

あきらめたら終わりですし。
(本書でも書かれています)

残業が多い組織のリーダーには是非読んで頂きたいですね。

以下抜粋。

・業務時間内に仕事が終わらなかったら、それは仕事の絶対量が多すぎるのか、作業の仕方に無駄があるのか、それとも社員のモチベーションが下がっているのか、とにかく原因が必ずどこにあるはずです。
☆問題を顕在化し改善する絶好の機会が、残業によって奪われてしまう
・残業が問題そのものを見えにくくする
・同じ条件で戦うからこそ、勝手も負けても面白い
・残業をゼロにして今まで以上に業績を上げるような会社のシステムを作る
・仕事には必ずデットラインを設ける
☆最後にはトップの覚悟
・複数の小さな問題の集合
・問題解決の手順
1)緊急対策
2)再発防止
3)横展開
・骨はロジック、身は「GNN(義理、人情、浪速節)」
・問題は姿がわかれば8割解決
・すべての問題をオープンにし、全員で共有する。
・選択と集中
・デットラインほど重要なものはない
・本当に効率を上げたい場合は、厳しいデットラインつきの仕事を押し込む
・仕事のキャパシティは「能力×時間×効率」
・何もせずあきらめてしまえば、その正しいことは実現しない
・同じことを残業せずにやれ
・会議は情報を共有する目的がある
・無駄が多い会社は例外なく、社員間のコミュニケーションがスムーズにいっていない
・会議をデットラインを決める場にする
・会議は長ければ長いほど、多ければ多いほどいい
・人はいつも不足気味しないと育たない
・違反があった部署は反省会を義務づけ
・「残業は悪いこと」という意識を徹底させる
☆自分の人生のために投資する
・「成功するまであきらめない」から成功する
・リーダーがやるといったら絶対にやる
・企業にまとまりがないのは理念がないのではなく、リーダーに問題がある
・軍隊は「敵に勝つ」という目的が共有されている
・ルーティーンの仕事はマニュアル化して、コンピューターやアウトソーシングで済む仕事は片っぱしから置き換える
・威力を発揮するのはデットライン。仕事を個人単位に割り振り、デットラインをつけて厳しく管理する。こうすると、誰がボトルネックになっているか一目瞭然
・トップが情報を出さないのは、単に自分の立場を守りたいから
・「まじめで従順なのは善である」という意識を捨ててみるのがいい
・失敗や間違いはすぐさまに報告する
☆仕事はお金のためにする
・ゲームに勝つためにはゲームにのめりこまない
・仕事と自己実現、人生そのものや夢などを一緒にしてはいけない
・社員に残業を強いて長時間働かせれば、業績が上がるのはあたりまえ
・仕事は人生の一部を構成するもの
・徐々に残業を減らす
スポンサーサイト
  1. 2009/02/12(木) 00:00:00|
  2. 書評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0|
<<Tumblrはじめました | ホーム | 【感想】ベンジャミン・バトンを鑑賞した>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kenshi0815.blog108.fc2.com/tb.php/375-90a3e6fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。