書評 | 写真 | 自転車 | 音楽 | 映画 | Web | スマートフォン | 拡張現実 | 育児 | 自分

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |

【書評】ウェブ人間論 このエントリーを含むはてなブックマーク

ウェブ人間論 (新潮新書)ウェブ人間論 (新潮新書)
(2006/12/14)
梅田 望夫平野 啓一郎

商品詳細を見る



「個人というのは、輪郭の内側に閉ざされていて、
知識や思考もその中に密閉された材料や過程なんだという考え方が、ある意味では終焉しつつあるのかもしれません。」

個人の知識の概念すら変えようとしているウェブである。

平野啓一郎のウェブによる人間の変容に対する
切り口が奥深い。
表現力が多様に富んでいる人は、
やはり発想も同値であると感じた。

文学者がWebについて論考している書籍も珍しいのではないか。
お勧めの新書。
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:日記

  1. 2007/06/10(日) 22:36:08|
  2. 書評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0|
<<【書評】フューチャリスト宣言 | ホーム | 【書評】デザインパターンとともに学ぶオブジェクト指向のこころ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kenshi0815.blog108.fc2.com/tb.php/6-9ef465e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。