書評 | 写真 | 自転車 | 音楽 | 映画 | Web | スマートフォン | 拡張現実 | 育児 | 自分

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |

悩みがある初心者プログラマの方へ このエントリーを含むはてなブックマーク

私の職業はプログラマです。
プログラマに向いているとは、一度も思ったありませんし、
むしろ今でも向いていないと思っています。

学生時代は静的なWebページを作っていて、
その後、大学を卒業し、
単純にインターネットが好きだという理由で
この業界に足を踏み入れました。

新入社員の時は、
プログラムのプの字も知りませんでした。
研修中は周りの新入社員と比べて、
全くの出来損ないでした。
講師の先輩には
「おまえには才能がない」
とはっきりと言われたこともありました。

研修はC++でした。
私にとっては非常にハイレベルな内容であり、
自分の無能が悲しくなりました。

研修後は、
スタンドアロンの業務アプリの作成をしていました。
上司にくだらない質問をして
怪訝な顔をされることも多々ありました。

時間が経ち、
黙々と与えられたフレームワークの元でしか、
プログラムをしていない自分に不安を感じてきました。

とはいっても、自分では何をしていいかわからない。
部屋に帰って、プログラムを組む気力もない。

気力がない時点で、
本当にこの職業を続けられるのか悩み、
真剣に業種を変えることも考えました。

ふと自分の原点に戻って考えました。
「私はインターネットが好きなんだよな。」と

そして、ある時、
自分で一からWebサイトを作ろうと思い、
コンソールもまともに叩いたことないくせに、
Linuxサーバーを自分で立ち上げました。

部屋に帰り、プログラムを組みたいと思わなかった私が、
インターネットに通ずる作業をすることで、
自然と毎日、
サーバー、DBの構築、そしてLL言語(Lightweight Language)
を夜遅くまで触れていました。
どれも全くのゼロからのスタートでしたが、
不思議と苦痛を全く感じずに作っていました。

会社の開発環境は「Visual C」であったため、
家での作業は業務では殆ど役に立ちませんでした。

ある時、会社でWebアプリの研修がありました。
そこでは、何時も触っていた私は、
新入社員の頃の出来損ないと異なり、
習う殆どのことが理解でき、
課題も簡単にクリアできました。

そこでのことが評価され、
直ぐにWebアプリの仕事を任されました。

そのようなことを経て、
現在は転職し、
Webアプリの構築に特化した会社で仕事をしています。

私が今、社会でできることはプログラムしかありません。
プログラムが本当に好きかどうかも未だにわかりません。
惰性でなったプログラマかもしれません。

長々書いてしまいましたが、
私の言いたいことは、
仕事が嫌いになりそうになったら、
業務とは無関係でも、
興味の持っていることを自分の力でして欲しいことです。

業務に追われて、
やる気のないこともあるかもしれませんし、
部屋に戻ってもマシンの前にいたくないと思うことも
あるかもしれません。

ただ、行動を起こすことは、
自分の本質を改めて見つめ直せる大事な時間です。

自分の無能に悩んだら、
家で無理矢理、業務の学習をすることより、
自分のやりたいことを実践して欲しいです。
若かったら尚更です。

それはプログラムでなくとも構わないと思います。
そこが本当のあなたの意志です。

業務と無関係なことをすることは、
真面目な人程勇気がいることですが、
そこに大きなブレークスルーポイントが隠れている
可能性が高いと考えます。

当時の私のように、
プログラムのイメージが変わるかもしれませんし、
それを契機に、
ポジティブにプログラマから足を洗うことだって
できるかもしれません。
今の仕事から新しいことが見い出すことができるかもしれません。

とりあえず、悩んだら、
今の仕事以上に、好きなことを精一杯して下さい。

楽しむことは自分の視野を広げるための大切なファクターですよ。
悩んだら努力してでも気楽に楽しく過ごしてみましょう。
スポンサーサイト
  1. 2007/06/11(月) 22:48:30|
  2. 自分
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6|
<<【書評】数学を使わない数学の講義 | ホーム | 【書評】心と脳の正体に迫る 成長・進化する意識、遍在する知性>>

コメント

共感しました!

私もプログラマをしていますが、今の職業は本当に自分にあっているのかを考えた時期がありました。

そんな悩むときには、自分が楽しめることからトライしてみるのが大切なんでしょうね。



  1. 2007/06/16(土) 07:26:29 |
  2. URL |
  3. yasu #il6bXLGg
  4. [ 編集]

yasuさん>

程ほどのトライが大切ですよね。
仕事が辛かったら、行動だけではなく、
ゆっくり何もしない時間を無理矢理でも作るのもトライの一つかもしれません。
  1. 2007/11/05(月) 20:46:44 |
  2. URL |
  3. kenshi0815 #-
  4. [ 編集]

ブログコメントお初です。
ずいぶん遅レスですが。

よかったですね。
なんかいろいろ伝わってきます。

>そこには何があるんだい?
それを見つけに行くんです。
まず踏み出してるではありませんか。

すばらしい。

わたしもいろんな分野や人と接する機会を
大切に思います。

お互いがんばりましょう。
  1. 2008/01/03(木) 00:26:08 |
  2. URL |
  3. ゲヲルグ2 #-
  4. [ 編集]

ゲヲルグ2さん>

コメントありがとうございます。
私も色々な方達との繋がりを大切にしていきたいと思っています。
今後ともよろしくお願いします。
  1. 2008/01/03(木) 00:53:48 |
  2. URL |
  3. kenshi0815 #-
  4. [ 編集]

ブログ拝見しました。
自分も低スキルでプログラマに向いてないんじゃないかっとよく考えてしまいます。ソースがよく分からない点が多々、デバッグもろくにできない、コード書きようものなら、実行時にすぐ落ちる。質問しても相手の言ってることがちんぷんかんぷん。もう、毎日が結構苦痛です。
私は別に趣味でパソコンを使うわけでもなく、コードを書くわけでもなく、おまけに少し難しいことになると頭がストップしてしまいます・・・。
でも、別の趣味から派生して仕事ができるようになった経過が書かれていて、少し励まされました。私の趣味はゲームすることです。ゲームするのは好きです。そこから、派生してなにか自分にできることはないか探してみますね。C言語でゲームは作ったことがあるのですが、それっきりです。。いいブログありがとう。
  1. 2009/06/03(水) 19:21:19 |
  2. URL |
  3. A.H #-
  4. [ 編集]

A.Hさん>

はじめまして。
コメントありがとうございます。

このエントリーはもう2年前のものなので、改めて読み返すと、当時の自分の気持ちを思い出します。
実は、私は現在はWebディレクター&マネージャー職となり、プログラミングとは距離を置くポジションとなりました。

正直、今でも、プログラミングの資質はなかったなと、しみじみ思うのですがw

プログラマから足を洗おうと決意したとき、
「自分の好き」を俯瞰的に抽象度を高く考えた末、
選択の幅があることにようやく気がついて、当時では想像もしていないポジションに今はいます。

プログラミング的に言うと、はまったときは、さらなる派生クラスをつくるより、
自分がもつ、抽象クラスに立ち返り、いまあるリソースをどううまく使おうか、
と、考えるのもいいかもしれませんね。
  1. 2009/06/06(土) 16:28:14 |
  2. URL |
  3. kenshi0815 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kenshi0815.blog108.fc2.com/tb.php/9-7a8cf8e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。