書評 | 写真 | 自転車 | 音楽 | 映画 | Web | スマートフォン | 拡張現実 | 育児 | 自分

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |

言葉の認識違い このエントリーを含むはてなブックマーク

お客さんとのやりとりの中で

「情報量を多くすることをメインとするWebページを作成して下さい。」

とお客さんから依頼を受けて

「情報量とういうことは、文字データがメインのページということでしょうか?」

と答えると、

「いや、文字情報ではなくて、多くの情報を利用した動画や写真をメインにしたいですね。」

と全く予想もしなかった答えが返ってくることがあるよう。

「情報」という言葉1つとっても、人それぞれ異なった意味を持っているので、互いに理解し合えたと思っても、そのような言葉の行き違いで、実はさっぱり理解し合えていなかった、なんてこともあるかも知れない。
場合によっては、ぎりぎりにその問題が発生して、収集がつかなくなることもある。

具体的なようで抽象的な言葉といものはたくさんあったりする。
コミュニケーションって難しい・・・。

それを回避するために、本能的に人って表情を出したり、ボディーラングエッジをしたりするのかなぁ、なんてちょっと飛躍的にも考えてしまった。
スポンサーサイト
  1. 2008/01/11(金) 00:00:00|
  2. 自分
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0|
<<インフルエンザ | ホーム | 鬱で死を選ぶ悲しさ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kenshi0815.blog108.fc2.com/tb.php/91-6901812a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。