書評 | 写真 | 自転車 | 音楽 | 映画 | Web | スマートフォン | 拡張現実 | 育児 | 自分

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |

ユーザビリティーとかクローラビリティーとか このエントリーを含むはてなブックマーク

Webサイトの仕事をしていると「ユーザビリティーを考えよう」とかって話が出てきて、それが終わって、「SEO対策もお願いね」、とかなると、怪しい感じになってきてさらに、「個性的なデザインがいい」、なんて聞くとカオスの香りが充満してくる。

そんな話の状況がカオスにならないために大切なことは、
「ユーザービリティってみんなどういう事だと思っていますか?」
という定義を統一すること。

直訳すると「使い勝手」とか「使いやすさ」だけれども、そもそも「使いやすさ」という言葉がかなり抽象的であり、そこを具体的な言葉に落とし込む必要があったりする。

Webユーザービリティー業界?では名を馳せているヤコブ・ニールセン曰く、

1.学習のしやすさ(すぐに慣れるサイト)
2.効率性(生産性がアップ。つまり使う時間分だけのメリットがあるサイト)
3.記憶のしやすさ(すぐにサイトを俯瞰的に認識できる)
4.エラー(不具合なんてない!)
5.主観的満足度(要は使っていて楽しいサイト)

ってことになる。

今のコーポレートサイトはかなり洗練されているので、1~3はそれに計らって作ろうってことになって、4はまぁテストをしっかりしようか、ってことになる。(テストの話はまた後で)ということで、ポイントは5になる。
5について色々考えて、いろいろ意見がでるんだろうけど、意見なんて統一するはずがない。それは好きなタイプの異性を聞いているとと同じだろうし。ジョブズみたいに「おまえら、これがクールなんだ!」って思いっきりアピール出来る人ってそういないよ。つまり5はそのサイトの対象ユーザーにより異なるだろうから、ペルソナとか、上流のマーケティングをしっかり押さえないと答えは出ない。満足に絶対的テンプレートなんて存在しないとこだよね。



さて、ユーザービリティーをしっかり整えました、では現状のユーザビリティーをふまえてSEO対策を全力に取り組みましょうか、という話になったとしたら、私は顔を青ざめる。だって分離できない内容だし。

SEO対策は、大きく分けて内部要因と外部要因を考えなければいけない。

外部要因を満たすために、被リンクを集めましょう、とか、もっと被リンクを集めましょう、って話になって、さらに、量だけではなく質も考えよう、とか、一著前のことを話してじゃあ、外部リンク一生懸命作ろうかー、って決定してしまい、めでたくスパマーの仲間入りになる。

SEOで最も大切なのは、検索エンジンのキモチを考えることなんですよ。
検索エンジンはユーザーが求める最適なサイトを提供することが仕事であることを考えると、そんな小手先のドーピングみたいなテクがまかり通るはずはないし、まかり通ったとしても、ユーザーが喜びますかってとこで、答えはでてるんだよね。

外部要因は自然に作られて初めて外部要因の意味があるんだよ。

ということで、SEOは内部要因だけしっかりすれば良いと思います。じゃあ、内部要因ってなにさ、って話になると、titleタグしっかり、h1しっかり、strongしっかり、altしっかり、そしてmetaタグ忘れないでね、とか、そんな感じでW3Cの規約通り作ればいいんじゃね?って話になりそうですけれども、まぁ、それは基本でありそれだけでは足りない事実があって、問題は、クローラビリティーってやつを押さえる必要があるのです。

クローラーがしっかりサイトを見てくれないと内部要因も外部要因もへったくれも何もないのですから。

じゃあ、どうすればクローラーがしっかりチェックしてくれるか、というところになると、TOPページにテキストリンクを張りまくるのがベストな現状があったりするのですよ。
どんなに斬新なユーザビリティーをもつクールなフラッシュサイトじゃ、だめなのですよ。
(そのサイトが口コミで外部要因を満たされれば問題がないのですが、クロスメディアのマーケティングでもしない限り厳しいでしょう)
フッターの下にも限りなく白に近い灰色の文字色でサイト全部を見渡せるナビゲーションリンクをつけても検索エンジンの高評価を得ることが期待できる現状があるのですよ。

某超大手ショッピングASPサイトのように、TOPページに商品をズラズラ並べて、テキストリンクを張りまくって、キーワード満載のタイトルタグを作って、オーガニックで1位になるSEO的に100点サイトを作ったとしても、それがユーザビリティー的にいけているとは到底思えないです。

つまり、現状ではユーザビリティーとSEOはある程度のトレードオフが必要である事実があると思います。さらにそこに「個性を出せ」なんてなると収集がつかなくなるのは目に見えますよね。

そう考えると、一番大事なのはキックオフでのクライアントとの話し合いだったりする。
SEOをしっかりするとこんなデザインになりますよ、ブランディングイメージを前面に出すデザインサイトだったら、オーガニックだけではユーザーの取り込みは厳しいから、ある程度のリスティング広告費を考えた方がいいですよ、とか、ユーザビリティーを突き詰めて考えると、結局そこまでの話になるんだろう。

これからWebサイト制作に必要な要件は、ユーザビリティーだけではなくて、それをマーケットに打ち出すスキルも必要なんじゃないかと。SEOしかり、リスティングしかり、クロスメディア戦略しかり。つまり制作とマーケターが連携しないといけないし、当人達がその両方を触り程度でも知らないとカオスなサイトが誕生していまうってことだと思う。

あぁ、取り留めのない話をダラダラと。
  1. 2008/08/14(木) 01:30:00|
  2. Web
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0|

携帯とWebが連動するバーチャルつりサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

GYOROL

GYOROL

携帯とWebが連動するバーチャルつりサイト。
これは新しい。そしておもしろい。
  1. 2008/08/05(火) 00:00:00|
  2. Web
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2|

最適なSEO施策はサイトによって異なる このエントリーを含むはてなブックマーク

SEO的にサブドメインは有効ですか? 例えば、http://www.example.com/abc と http://abc.example.com ではSEO効果に差はありますか? 業者がサブドメインにしろというので.. - 人力検索はてな

このサイトでも何度か書評を通して言及しているけど、
SEOはそれぞれのサイトが持つ目標に応じて施策を打っていくものです。

例にとると、検索エンジンで1位になることだけがSEO施策でもなく、
反対に、1位を獲得しなければ施策が失敗したことではありません。

SEO施策を実施する根本的なところで、
「それはユーザー視点ではどうか?」というとこがあります。
つまり、
「SEOとは検索を行ったユーザーに適切な検索結果ページを提供すること」
だと思うのです。

上で述べられているサブドメイン問題は、サイトのカテゴリーを今後ドメインごとにわけるなど、
サイト運営として計画性があるものであれば、ユーザー視点でサブドメインをつけていることとなり、
検索結果を見るユーザーも納得がいくかと思いますが、検索上位だけを目的とするのであれば、
その施策がNGなのは火を見るより明らか。

サイト運営者本位でのSEO施策はNGであることが多いと思います。
ユーザー視点で、サイトに合わせて施策するものが本来のSEOではないでしょうか。

と、思ったら、私の記事より的確な指摘が。

キーワードやサイトによって最適なSEO施策は変わる :: SEM R

納得しますねー。
  1. 2008/07/16(水) 00:00:00|
  2. Web
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0|

アルファブロガーの公平性 このエントリーを含むはてなブックマーク

アルファブロガーとは、社会に影響力があると言われているブロガーのことを言う。

[アルファブロガーの公平性]の続きを読む
  1. 2008/06/20(金) 00:00:00|
  2. Web
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0|

Webディレクター不要論 このエントリーを含むはてなブックマーク

このまえのセミナーでIT業界は「人材が引退しない」という構造的な欠陥を持っていて、
中間管理職的なWebディレクターとう職業は、
クライアントの都合じゃなくて制作者の都合で生まれて来たポジションであることを話していた。

確かにこれにも書いていたけど、中間管理職が成立するためには、
現場が広がりを見せていることが必要であり、
言い換えれば、市場が拡大していることが前提である。

つまり、Webディレクターは中間管理職の仕事だけやっていては、
いずれは不要になるということ。

そろそろ衰退期に入ると言われているWeb業界にいるためには、
常に現場意識をもって働き、自分から何かを生み出すクリエイティブが要求される。

当然といえば当然だけど、
右へ左へだけでご飯食べられる職業は限られているだろうし、
少なくとも、今後Web業界からは淘汰されていく職種なんだろう。
[Webディレクター不要論]の続きを読む
  1. 2008/06/18(水) 00:00:00|
  2. Web
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0|

CSS Nite shuffle 感想 このエントリーを含むはてなブックマーク

行ってきました。

イベント名:CSS Nite shuffle
日時:6月13日金 19時スタート

[CSS Nite shuffle 感想]の続きを読む
  1. 2008/06/16(月) 00:00:00|
  2. Web
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0|

フレームワークはつくるものではない このエントリーを含むはてなブックマーク

スキルアップのためにラップを剥がしてみる|悪態のプログラマ

昔、プログラミングができる人に

「フレームワークを作ってみたらどうですか?」

と、言ってみたことがあるのだが、その人は、

「フレームワーク、つーのは、作るものではなくて、自然にできるものだから、
それを目的に作られたフレームワークは、きっと使えないと思うよ。○○みたいに。」

なんて事を、言われたのを、この記事を読んで思い出しました。
  1. 2008/01/09(水) 12:00:00|
  2. Web
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0|

【PHP】PHPのdata関数でのShift-JIS不具合 このエントリーを含むはてなブックマーク

初めて知った。Shift-JISで化けちゃうらしい。

Webデザインのタネ | Shift-JISは嫌われる子

会社の新人君が文字化けにはまっていて質問していたこと。
後輩にも学ぶことはたくさんあります。
  1. 2008/01/07(月) 22:27:33|
  2. Web
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0|

MyMiniCityを作ってみた このエントリーを含むはてなブックマーク

kenshi0815 - MyMiniCity

twitter上で見かけるキーワードだったので、ちょっと調べてみた。
自分の街を登録して、その街にアクセスが増えるとどんどん発展していく仕組みらしい。

北の大地から送る物欲日記さんの記事に詳しく書かれていますので、興味がある方はやってみてはいかがでしょうか?

作りたては牧場状態だなぁ。
  1. 2008/01/04(金) 13:15:00|
  2. Web
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0|

Twitter復活 このエントリーを含むはてなブックマーク

Twitter

そうとう前に登録していたTwitterをまた動かしてみた。
どうだろう。はまるかな。
  1. 2008/01/04(金) 04:00:00|
  2. Web
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0|

仕様書を作る際に参考になりそうなページ このエントリーを含むはてなブックマーク

System Requirements Specifications

要求仕様(要求工学:第3回)

システム仕様書の書き方 - システムとは何か?
(システムとは何か?様)

要求仕様書の不備は、
以下のプログラミング作業に大きな影響を与えます。
手を動かしたい気持ちを押さえて、
ここを整えることは、気持ちよいコーディングをするために必要です。
  1. 2007/11/21(水) 22:00:31|
  2. Web
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1|

【PHP】「==」演算子は何をしているの? このエントリーを含むはてなブックマーク

PHPのMLで話題になっていたので、ちょっと取り上げます。

PHP勉強会/さまざまな値の比較表 - GANAWARE-wiki

$a = 0;
$b = "error";
if ( $a == $b ) {
echo "true";
} else {
echo "false";
}

出力されるのは true;
なんでだ?って思った方は上のURLをチェック。

文字列と数値を比較する場合、PHPは文字列を数値として解釈されるようです。

上の例だと、"error" を数値に変換して解釈しようとして
変換できずに 0 になってしまうらしい。

型も考えた比較を行うなら、やはり"==="演算子を使うべきですね。
  1. 2007/11/16(金) 00:00:00|
  2. Web
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0|
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。